大人気の『アナ雪』、怒涛の多面展開へ

来春、東京ディズニーランドもアナ雪に染まる

子どもたちの間で、「東京ディズニーランドに連れて行って!」の声が、さらに高まることは間違いない。©Disney

「四季報を書くのはちょっと待ってください。もうじき大きな発表がありますから」――。会社四季報のオリエンタルランド担当記者が、取材の帰り間際にこんな耳打ちをされたという。

それから10日あまりたった8月21日、オリエンタルランドが東京ディズニーランドの新スペシャルイベントを発表した。ディズニー映画『アナと雪の女王』をテーマにしたイベント。その名は「アナとエルサのフローズンファンタジー」。2015年1月13日から3月20日までの約2カ月にわたって開催される。

同社によると、このイベントは、映画のその後の世界がテーマ。絆を取り戻したアナとエルサが、エルサの魔法によって作られた雪と氷の美しい世界で、来場者といっしょに冬を楽しむというコンセプトだ。

『アナ雪』の世界観を味わえる工夫

実施期間中は、ナイトエンターテイメント「ワンス・アポン・ア・タイム」の公演内容の一部を、『アナ雪』をイメージした新たなシーンに変更した特別バージョンで公演。また、日中も、映画の主題歌「Let It Go」が流れる中、アナとエルサがパレードルートを歩く。さらに映画の世界をイメージした雪と氷の結晶などをモチーフとしたデコレーションが施されるなど、この期間中の東京ディズニーランドは、『アナ雪』の世界観に包まれる。

もちろん、期間中は『アナ雪』に由来した特別メニューの食事やグッズ販売も行うなど、ソロバン勘定にぬかりはない。オリエンタルランドの2015年3月期下半期業績へのプラス効果は大きそうだ。

次ページキャラグッズ商戦も本格化
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT