ディズニーを輸出せよ、日本発「ツムツム」

日本独自のキャラクターが世界へ

タイムズスクエアのディズニーストアはツムツム一色。今後、店舗を拡大する計画だ

7月1日、米ニューヨークのタイムズスクエアに面したディズニーストア。その店先がある商品の掲示で埋め尽くされた。

ディズニーキャラクターを積んで遊べるぬいぐるみ「ツムツム」だ。7月から北米の一部のディズニーストアとテーマパークで販売が始まった。ウォルト・ディズニー・カンパニーで国際部門を統括するアンディ・バード氏は「本格的なマーケティングはこれからだが出足は順調。現状にとても満足だ」と語る。

満を持しての本国上陸

ツムツムのポイントは、ぬいぐるみだけでなく、スマートフォンのパズルゲームアプリも展開していること。ゲームアプリは、同じ7月から、モバイルメッセンジャーアプリのLINEを通じ、40カ国・地域で配信を開始した。米アップル端末向けアプリ販売では、香港と台湾で1位を記録するなど、アジアを中心に販売を伸ばしている。

リアルとバーチャルの融合。実はこの商品、“日本発”だ。ウォルト・ディズニー・ジャパンが開発し、昨年10月に国内投入したぬいぐるみは、160万個以上を売り上げた。3カ月遅れて始めたゲームアプリのダウンロード数は、累計1500万を超える。ゲームアプリの配信を始めた後、ぬいぐるみの販売数が前週比で4割増となるなど、シナジー効果も発揮。満を持しての本国上陸となった。

次ページ意外に多い日本発信のディズニー
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。