「ベイマックス」、実は"戦隊ヒーロー"なワケ

「少年とロボットのふれあい」はホンの一部

ちなみに、ネット上では、本家・米国版の予告編を見ることができる。こちらは、ベイマックスはケア・ロボットというよりも戦闘ロボ的であり、ヒロと友人たちによる戦隊ヒーロー映画ものの要素がより強くアピールされている。

日本の予告編にもこうした要素が少しだけ登場する。したがって映画と予告編の内容がまったく異なるということでもない。当然のことながら、予告編とは、わずか1~2分で、その映画を見たいと思わせる必要がある。時間が短いだけにポイントを絞る必要がある。そのため、米国では戦隊ヒーロー的な要素が強調され、日本では感動的な要素が強調されたということなのだろう。

原題は『Big Hero 6』©2014 Disney. All Rights Reserved.

なお、『ベイマックス』には着想の原点がある。米国マーベルコミックスの『Big Hero 6』がそれだ。マーベルコミックスは、スパイダーマンやアイアンマンなどヒーローもののコミックスを得意とする。『Big Hero 6』もこの系譜に連なっている。

コミックスと映画では、キャラクターの雰囲気はまったく異なる。コミックスはいかにもアメコミタッチだし、映画はどこまでもディズニー系のキャラクターだ。とはいえ、『ベイマックス』の原題も『Big Hero 6』である。制作サイドは、米国内では、映画とコミックスの関連性を隠す意図はまったくなかったわけだ。

つまり、ディズニーは、各国の嗜好にあわせ、きめ細かいマーケティングをしているわけだ。日本人は、「感動シーンを強調した、涙が出るような映画が好き」ということが分かっているのである。

マーベルはディズニーの傘下

ちなみにマーベルコミックスのキャラクターの権利を持つマーベル・エンターテインメント社の親会社はディズニーである。2009年に40億ドルを投じて買収した。

マーベルの人気キャラクターである「スパイダーマン」はソニー・ピクチャーズが映画化権を持っている。他のキャラクターもパラマウント、20世紀フォックスなどの手によって映画化されてきた。こう考えると、親会社であるディズニーがマーベルのキャラクターを映画化するのは自然な流れといえる。

これまでマーベル社のキャラクターは他社では実写映画化されるケースが多かった。今後は『ベイマックス』の成功をきっかけにディズニーによるCGアニメ化という流れができるかもしれない。少なくとも、『ベイマックス』の続編は作られても不思議はない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。