ソニー音楽配信撤退は「大決断」の前触れか

独自音楽配信を停止、Spotifyに統合へ

Spotifyは「音楽効き放題サービス」の最大手だ(写真は同社のベルリンオフィスの様子:picture alliance/アフロ)

ソニー子会社のソニーネットワークエンターテインメント(SNEI)は2015年1月28日、スウェーデンを本拠とする加入型音楽配信サービス「Spotify(スポティファイ)」とグローバルで戦略提携することを発表した。

今春から南北アメリカ、欧州、アジアなど41の国と地域でサービスを開始する。これに伴い、ソニーはPlayStation Networkを通じてSpotifyを「PlayStation Music(PS Music)」のブランドで提供する。PlayStation Networkはゲームファンを中心に世界中に6400万人の加入者を持っている。

Music Unlimitedは3月29日に停止

ソニーはこれまで加入型音楽サービス(月額料金を基本として音楽が聴き放題となるコンテンツサービス)を「Music Unlimited」のブランド名で独自展開してきた。3月29日をもって、Music Unlimitedはサービスが提供されている19カ国すべてで停止され、購入済みの加入権はSpotifyをベースとするPS Musicへと引き継がれる模様。ソニーはPS Musicに対応する機器としてプレイステーション、Xperiaスマートフォン/タブレットを挙げており、今後、対応機器を増やしていく予定だ。

また音楽サービスの核となる部分をSpotifyに切り替えただけでなく、これまでSony Entertainment Network(SEN)として展開してきた映像配信サービスも”PlayStation”ブランドへと衣替えする。Video Unlimitedブランドは今後、PlayStation Video(PS Video)という名称に変更される。

それ以外のSEN関連サービス(ウェアラブルデバイス連携や写真共有サービスPlayMemories Onlineなど)のブランディングについては、現時点では触れられていない。

次ページ行き詰っていたSEN構想
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。