崖っぷちのシャープと復活のソニーを分析

2社はなぜここまで明暗が分かれたのか

「経営危機」が再燃したシャープ。一方のソニーは復活の兆しも。両社の明暗はどこで分かれたのか
シャープの「経営危機」が再燃しています。前2015年3月期の損益は300億円の黒字予想から一転して、300億円の最終赤字に陥る見通しです。事業の見直しなどにかかる特別損失を計上する場合、赤字額はさらに膨らむ可能性もあります。
一度は回復の兆しを見せたシャープが、再び赤字に転落した理由は何でしょうか。それはやはり、液晶テレビや液晶などの主力事業が不振を続けていることだと思われます。一方、ソニーは純損失を計上したものの、営業黒字を伸ばし続けています。スマートフォンやPS4などの売り上げが伸びたことに加え、ソニー生命などの金融事業の収益が増えているのです。2社を比較すると、事業ポートフォリオの違いが収益性と安全性に差をつけていると感じます。今回は、シャープとソニーの最新の決算を分析します。

本業不振と借金返済、ダブルで苦しむシャープ

一度は立ち直ったかに見えたシャープが、再び経営難に陥っています。早速、平成27年3月期 第3四半期決算(2014年4〜12月)を見ていきましょう。

損益計算書(8ページ)から業績を調べますと、売上高は前の期より3.1%減の2兆0904億円。売上原価は3.2%減少し、売上総利益は2.5%減の3799億円となりました。微減といったところです。

そこから販管費が微増したことで、本業の儲けである営業利益は、37.1%減の512億円となりました。本業が苦戦している様子が分かります。また、経常利益は、支払利息などの営業外費用が嵩んでいるため、181億円となっています。

次ページ気になるシャープの資金繰り
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT