印刷2強、大日本印刷と凸版印刷を分析する

印刷不況でも、生き残っているのはなぜ?

従来型の本屋がどんどん減るなど、印刷業界をめぐる状況は厳しさを増すばかり。だが大日本印刷や凸版印刷はしぶとく生き残っている。なぜ赤字にならずに済んでいるのだろうか(写真:テンコ / PIXTA)
「印刷業=不況業種」との印象を持たれる方が多いかもしれません。もちろん市場規模自体は縮小し続けていますが、トップ2社の大日本印刷と凸版印刷に関しては、業績がそれほど悪化しているわけではなく、近年は横ばい、あるいは微増傾向です。一方、中小の印刷会社は、厳しい経営に迫られています。印刷会社のうち、従業員300人以下の中小企業が約99%を占めていることを考えますと、今は実質トップ2社の寡占状態となっているのです。なぜ、この2社は印刷不況でも業績を維持できているのでしょうか。最新の財務内容を分析しながら考えていきます。

出版不況とデジタル化で印刷市場は縮小が続く

印刷市場は、1990年代のバブル崩壊を境に拡大が止まり、1999年以降、縮小の一途を辿っています。ピークの1991年には8.9兆円の市場規模がありましたが、現在では6兆円を割り込む水準まで落ち込みました。

なぜ、ここまで落ち込んでしまったのでしょうか。一つは出版物のデジタル化、二つめは出版不況です。これらの要因によって、印刷需要そのものが減少してしまったのです。

さらに、2008年9月にはリーマンショック、2011年3月には東日本大震災が発生し、国内景気は急速に落ち込みました。企業は3Kと呼ばれる「交通費」「交際費」「広告費」を抑制。個人も消費を控えたため、印刷業界は一段と冷え込みます。

その結果、印刷業界全体で、業績が大きく悪化しました。元々緩やかな下降が続いていましたから、不況を脱した後も低迷が続いています。

次ページなぜ大日本、凸版は低迷を免れたのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。