日経平均2万円定着へ、カギ握る「あの問題」

日経平均株価の見方を教えよう

日経平均は再度上昇の可能性は十分。ただこのあとの5月相場は過去5年「1勝4敗」。2013年の暴落の記憶もまだ生々しい(写真:Natsuki Sakai/アフロ)

再び海外投資家による日本株買いが活発に

最近の相場では、これまで成長株として上昇を続けた小売などの内需株が、ヘッジファンドなどの短期筋の売りで大きく下落する場面がありました。今度は国内企業の決算内容を材料に、個別株に大きな変動を与えうる可能性が高そうです。

一方、海外市場に大きな崩れがない限りは、5月の相場も好業績への期待感が相場を支える構図が続きそうです。

海外投資家による日本株の買い越しも、このところ特に顕著です。この先、株主総会に向けて、自社株買いなどの株主還元策を発表する企業が多いのではないか、といった期待感だけでも、日経平均はあと1000円ぐらいの伸びしろが見込めそうです。

上値の目安は、2万0100円~2万0600円処。過去の大きなフシでもある1996年高値(2万2750円)と2000年高値(2万0833円)の中間をとった、2万1790円前後も重要なフシ(価格帯)です。

実は、直近5年間でみると日経平均の相場は1勝4敗と、「下げる月」として市場参加者に知られています。

2012年までは3年連続でゴールデンウィーク明けに急落。2013年は5月後半から急落(いわゆるバーナンキ・ショック)し、6月安値まで3180円程度の下げに見舞われました。

2010年に至っては、欧州ソブリンリスクに端を発する金融不安に加え、中国の金融引き締め観測や朝鮮半島問題の緊迫化、ドイツの空売り規制などで下げに拍車がかかり、月間下落率は11.7%とリーマン・ショック直後の2008年10月(23.8%)以来の大きさを記録しました。

次ページリスクはないのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT