ソフトバンクとNTTドコモを分析する

今後の展開が見えない携帯キャリア2社

昨年11月、米スプリント社の反転攻勢を宣言したソフトバンク孫社長。当面の業績は米国がカギ(撮影:梅谷秀司)
ソフトバンクとNTTドコモが苦戦しています。好業績を維持しているものの、2014年4〜12月決算では2社ともに減益となりました。これまで増収増益が続いていましたが、なぜ悪化しているのでしょうか。
理由はそれぞれですが、戦略上の苦慮が見え隠れします。ソフトバンクは、2013年に買収した米スプリントの今後の展開にが注目点です。今期は同社の人員削減を行い、事業そのものの収益は改善しつつあるものの、人員削減関連費用が利益を押し下げました。一方、ドコモは、昨年6月に導入した国内通話定額プランが裏目に出ました。この新プランの加入者が増えたことで、音声収入が落ち込んだのです。いずれも内容は異なりますが、戦略があまりうまくいかなかったことが原因です。
2社に「再成長」の兆しは見えるのでしょうか。最新の決算内容を分析します。

ソフトバンクは米スプリントをどうするのか

2013年7月、ソフトバンクは米携帯電話3位のスプリント・ネクステル社を買収しました。買収総額は216億ドル(当時のレートで約1兆8000億円)。この巨額投資は、ソフトバンクにとって冒険でした。

しかも、スプリントは業績が芳しくない状態が続いていましたから、収益力の向上が課題となっていました。そこで、2014年にドイツテレコムからTモバイルUSを買収して収益性を高めようとしましたが、その計画は失敗。スプリントは、現状、業績は改善しつつあるものの、ソフトバンクは、スプリントの今後の扱いに苦慮しているのではないかと思います。

有利子負債もスプリント買収前の4兆円弱からから現在ではスプリントの分も含めて連結では10兆円を超える水準にまで達しています。

ここで、平成27年3月期第3四半期決算(2014年4〜12月)の決算内容を見てみましょう。

次ページソフトバンクの決算を見てみよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT