原油安で大打撃!丸紅と住友商事を分析する

資源価格急落で、商社の先行きはどうなる?

サルマン・サウジ新国王と会談する米オバマ大統領。商社の決算を左右する原油価格は、サウジが大きなカギを握る(AP/アフロ)

原油価格の急落が、関連企業の業績を圧迫しています。2〜3年にわたって1バレル100ドル前後の水準で安定していた原油価格が、昨年7月から急速に下落し、現時点(2月26日現在)でドバイ原油は、1バレル50ドル台後半で推移しています。

総合商社や石油元売りでは、原油価格が下落した分、石油在庫や石油事業にかかる固定資産の価値が目減りし、巨額の損失が発生しています。また、価格が下がっているのは原油だけではなく、資源全般に及んでいるため、数多くの資源を取り扱う総合商社では、特に大きな影響を受けているのです。

今回は、大手総合商社の丸紅と住友商事の最新決算を見ながら、現状と先行きについて考えてみたいと思います。

資源安で巨額の評価損を出した丸紅

まずは、丸紅の平成27年3月期 第3四半期決算(2014年4〜12月)から見ていきましょう。

損益計算書(10ページ参照)から業績を調べますと、売上高にあたる「収益合計(国際会計基準基準)」は、前の期より15.1%増の5兆9721億円。穀物の取引が増えたことで、収益自体は伸びました。「商品の販売等に係る原価」が15.4%増え、売上総利益は12.2%増の5496億円となりました。まずまずの業績です。円安も円ベースでの換算額に影響していると考えられます。

ところが、一時的な巨額損失が計上されています。「固定資産評価損」が、前の期より4.6倍の1497億円まで膨れあがっているため税引前四半期利益は、47.5%減の1011億円となりました。

次ページ巨額の固定資産評価損とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT