30歳までに給料がグンと上がるトップ150社

商船三井、ヤマト運輸などトップ3は2倍以上に

2015年最初の月も下旬に差し掛かってきた。月末にかけて今年最初の給料日を迎える企業も多いだろう。給料は企業に勤めるビジネスパーソンの人生にとって、大きな影響を与える要素。3月の情報解禁を控え、そろそろ就職活動が本格化する就活生にとっても、志望企業を選ぶ際に給料の多寡は気になるはずだ。

初任給の多寡だけに目を奪われるな

日本企業の多くではなんだかんだで年功序列の要素が残っており、若いうちはなかなか大きくないものの、歳を取ってくるとだんだん給料の差も開いてくる。志望企業の採用ページをチェックして、初任給を確認した就活生の多くが、「初任給の高い会社に行きたい」と考えがちかもしれないが、長い目で見てその後の伸びを見落とさないことが重要だ。

東洋経済が刊行している『就職四季報 2016年版』(総合版、発売中)には、30歳賃金が大卒初任給に比べてどれだけ伸びるのかを算出した「昇給率」を掲載している。今回は、そのデータを基に「30歳までに給料がグンと伸びる会社」トップ150社を紹介しよう。

集計対象は『就職四季報 2016年版』(総合版)で大卒初任給・30歳賃金ともに回答のあった576社で、職種が複数ある場合は総合職相当のもの、地域別賃金の場合は東京本社勤務など、原則として最も高い金額を用いた。

トップは鉄鋼専門商社のメタルワン。初任給21.0万円に対して、30歳モデルの月給は49.0万円。昇給率は233.3%だった。単純計算すれば、毎年月給が3万円以上昇給する計算になる。2位は海運大手の商船三井。初任給は21.1万円、30歳月給は46.34万円で昇給率は219.2%だ。3位は宅配便国内首位のヤマト運輸で昇給率は209.8%となる。これらの会社は大卒初任給が30歳までに2倍以上にハネ上がる計算だ。

業種で目立つのは専門商社。トップ10に3社ランクインしたほか、12位西華産業、17位加賀電子、18位ユアサ商事、21位ヤギなどの姿が見られる。また、ゼネコンも準大手の安藤ハザマ(14位)を筆頭に、スーパーゼネコンと称される大成建設(24位)、大林組(26位)、清水建設(38位)、竹中工務店(92位)、鹿島(116位)がいずれもランクインしている。

次ページまずはトップ50位から!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。