30歳までに給料がグンと上がるトップ150社

商船三井、ヤマト運輸などトップ3は2倍以上に

2015年最初の月も下旬に差し掛かってきた。月末にかけて今年最初の給料日を迎える企業も多いだろう。給料は企業に勤めるビジネスパーソンの人生にとって、大きな影響を与える要素。3月の情報解禁を控え、そろそろ就職活動が本格化する就活生にとっても、志望企業を選ぶ際に給料の多寡は気になるはずだ。

初任給の多寡だけに目を奪われるな

日本企業の多くではなんだかんだで年功序列の要素が残っており、若いうちはなかなか大きくないものの、歳を取ってくるとだんだん給料の差も開いてくる。志望企業の採用ページをチェックして、初任給を確認した就活生の多くが、「初任給の高い会社に行きたい」と考えがちかもしれないが、長い目で見てその後の伸びを見落とさないことが重要だ。

東洋経済が刊行している『就職四季報 2016年版』(総合版、発売中)には、30歳賃金が大卒初任給に比べてどれだけ伸びるのかを算出した「昇給率」を掲載している。今回は、そのデータを基に「30歳までに給料がグンと伸びる会社」トップ150社を紹介しよう。

集計対象は『就職四季報 2016年版』(総合版)で大卒初任給・30歳賃金ともに回答のあった576社で、職種が複数ある場合は総合職相当のもの、地域別賃金の場合は東京本社勤務など、原則として最も高い金額を用いた。

トップは鉄鋼専門商社のメタルワン。初任給21.0万円に対して、30歳モデルの月給は49.0万円。昇給率は233.3%だった。単純計算すれば、毎年月給が3万円以上昇給する計算になる。2位は海運大手の商船三井。初任給は21.1万円、30歳月給は46.34万円で昇給率は219.2%だ。3位は宅配便国内首位のヤマト運輸で昇給率は209.8%となる。これらの会社は大卒初任給が30歳までに2倍以上にハネ上がる計算だ。

業種で目立つのは専門商社。トップ10に3社ランクインしたほか、12位西華産業、17位加賀電子、18位ユアサ商事、21位ヤギなどの姿が見られる。また、ゼネコンも準大手の安藤ハザマ(14位)を筆頭に、スーパーゼネコンと称される大成建設(24位)、大林組(26位)、清水建設(38位)、竹中工務店(92位)、鹿島(116位)がいずれもランクインしている。

次ページまずはトップ50位から!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT