崖っぷちのシャープと復活のソニーを分析

2社はなぜここまで明暗が分かれたのか

さらに、特別損失には事業構造改革費用が146億円積まれています。不採算事業をリストラするための費用が嵩んでいるのです。その結果、最終利益である四半期純利益は、71億円の損失を計上しました。

シャープの場合、深刻なのは資金繰りの問題です。貸借対照表(6~7ページ)を見てください。

まずは「負債の部」に注目すると、借入金や社債などの有利子負債が合計で9775億円あり、かなり膨らんでいることが分かります。特に、1年以内に返済しなければならない短期借入金は7172億円もありますから、これは近いうちに借り換えをしなければなりません。

それから、短期的な安全性を調べるために「手元流動性(現預金やすぐに現金化できる資産÷月商)」を計算しますと、1.1カ月分となります。大企業は1カ月分あれば安全と判断されていますが、このような業績が悪化している状況では、1.1カ月分はむしろギリギリの水準と見たほうが良いでしょう。

このように、業績が悪化している上に、有利子負債の返済も重くのしかかり、さらに短期的な安全性も損なわれつつあるわけですから、資金繰りが非常に厳しい状況であることが分かります。

そのため、シャープは設備投資もかなり抑えています。キャッシュフロー計算書を見ますと、設備投資にあたる「有形固定資産の取得による支出」でのキャッシュフローの流出が382億円。一方、減価償却費が817億円となっています。

一般的に、減価償却費と同じくらいの新たな投資をしなければ、現在の事業を維持することが難しいと考えられますので、シャープは設備投資を大幅に抑えていると言えます。

その上、この期は借入金の返済や社債の償還もありましたから、最終的に現金がどれだけ出入りしたかを示す「現金及び現金同等物の増減額」を見ると、マイナス1268億円となっています。現金が大幅に目減りしている様子が分かりますね。

次ページシャープは銀行にどんな「提案」をしているのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング