エンジニアが老舗旅館とトトロの木を救う

旅館再生物語から生まれた新しいビジネス

 モノがあふれている社会で、売り手はいかにしてモノを売るか。そして、モノに囲まれている私たち買い手が、モノを買う理由とは何なのか。マザーハウス副社長の山崎大祐が、これからの時代の「モノの買い方、売り方」を考えていく。
宮﨑富夫さんをお呼びしたマザーハウスカレッジの様子。旅館業界についても熱い議論が行われた

「私には選択肢がなかったのです。ホンダの給与では、実家の旅館の借金は返せない。旅館経営の経験なんてまったくなかったのですが、後を継ぐしかありませんでした」

鶴巻温泉の老舗旅館・元湯陣屋を経営する陣屋代表取締役社長、宮﨑富夫さんは言います。経営難で身売り寸前まで行った老舗旅館を、まったくの異業種から来た経営者が立て直し、そしてその改革が業界全体に広がっていく。

今回、ご紹介する話は、そんなビジネス小説のようなお話です。そしてこれは、以前この連載でもご紹介した「日本の伝統工芸を改革するイギリス金融マン」同様、コンサバティブな業界こそ、業界未経験でバッググラウンドの異なる、いわゆる「異端」が活躍する可能性を示すものでもあります。

廃業寸前の老舗旅館を立て直した

今回、ご紹介する老舗旅館・元湯陣屋を聞いたことがあるという方もいるかもしれません。この元湯陣屋は、映画監督の宮崎駿さんの親戚が経営していたため、宮崎駿さんが幼少期によく遊んだ庭があり、作品作りにも影響を与えたと言われています。実際、その庭にはトトロのモチーフになったとされる「トトロの木」もあるのです。

次ページパソコンを使える人が1人しかいなかった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT