真夏なのにエンジニア部屋は寒すぎる!

風邪をひかないようにフリースが必須

真夏のオフィス。机のところに不思議な毛布のような物体があり、そこからカタカタと音がしています。

ぼへちゃん、目をまるくして、近寄ってみるとなんと、頭からフリースをかぶって仕事をしている、ぼへちゃんの同僚のベテランエンジニアでした。

手元を見ると、キーボードが見当たりません。なんと、フリースの下に手を突っ込んで、キーボードを打っていたようです。席の真上にエアコンの吹き出し口があるため、頭や体だけでなく指先も冷たくなってしまい、滑らかに手が動かなくなってしまうのだとか。

ブラインドタッチをアピールしているのかと思っちゃいますよね。ちなみに、彼は、普段から無刻印キーボードを使っています。ブラインドタッチは慣れたものなのです。

真夏の防寒対策と熱中症対策が、お店で並んで売っていると、なんだか不思議な国に住んでいるような気がします。この時期、暑さ対策だけでなく、寒さ対策も必要です。体調に気をつけてがんばりましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。