真夏なのにエンジニア部屋は寒すぎる!

風邪をひかないようにフリースが必須

真夏のオフィス。机のところに不思議な毛布のような物体があり、そこからカタカタと音がしています。

ぼへちゃん、目をまるくして、近寄ってみるとなんと、頭からフリースをかぶって仕事をしている、ぼへちゃんの同僚のベテランエンジニアでした。

手元を見ると、キーボードが見当たりません。なんと、フリースの下に手を突っ込んで、キーボードを打っていたようです。席の真上にエアコンの吹き出し口があるため、頭や体だけでなく指先も冷たくなってしまい、滑らかに手が動かなくなってしまうのだとか。

ブラインドタッチをアピールしているのかと思っちゃいますよね。ちなみに、彼は、普段から無刻印キーボードを使っています。ブラインドタッチは慣れたものなのです。

真夏の防寒対策と熱中症対策が、お店で並んで売っていると、なんだか不思議な国に住んでいるような気がします。この時期、暑さ対策だけでなく、寒さ対策も必要です。体調に気をつけてがんばりましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT