ガチ理系は、あいまい表現を受け付けない

「塩少々」は、いったい何ミリグラムなのか

今日は二人でおうちで晩ご飯です。ぼへちゃんが作った今日の炒め物がおいしかったので、だんなくんが自分も作ってみようと、ぼへちゃんにレシピを聞いています。

味付けはどんな風にやったのと聞かれたので、「塩少々と、こしょう少々と、醤油たらっと、料理酒まわしいれたの」と普通に答えるぼへちゃん。でも、これではバリバリのエンジニアであるだんなくんには通じません。

「ごめん、数値で言ってくれる? 何ミリグラム?」「えっと……経験値なんですけど」。

ぼへちゃん、お料理に関しては、「このくらいでいいかなあ」という経験でやってきので、小さじ、大さじ、カップなどを使わないようです。そのため数値で答えることができず、困ってしまいます。

ところが、だんなくんはガチ理系。少々などというあいまいな表現は、受け付けないようです。感覚でやっているということは、再現性がない。つまり同じ味を楽しむことはできないということで、ガックリしています。

でも、世の中には、あいまいな表現がたくさんあります。駅のホームでは、「3番線ホームの電車、まもなくドアが閉まります」とアナウンスしますが、決して「2秒後にドアが閉まります」とは言いません。天気予報は降水確率などは数字で表現していますが、「関東地方南部は曇り、ところによって雷雨」などと言われてしまうと、「ところによって」の「ところ」ってどこなの!となってしまいます。テレビのニュースをみても、「関係筋」やら、「政府筋」やら、もうあいまい表現だらけです。

「塩少々」くらいはマスターしておかないと、あいまいなことだらけの世の中、渡っていけないかもしれませんね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。