エンジニアの活動時間帯は、夕方以降だった

お昼近くになってゾロゾロと出勤

エンジニアといえば、圧倒的に「夜型」の人が多いですよね。

もちろん生産性が最優先。おのおのがいちばん集中できる時間に働けばいいのです。そのためにも、フレックスタイム制、もしくは自由勤務制を導入している会社がたくさんあります。べつに「夜型」で働くことが問題になるわけではありません。

お昼近くになると、「うぃーす」という掛け声とともに、ぽろぽろ出勤。午後になると人数も増え始め、夜になるといよいよフル稼働です。18時を過ぎたころから、オフィスには猛烈なエネルギーが充満し始めます。

・・・と、そんな時間になると、朝から来ていたぼへちゃんは、もう帰る時間です。そして翌朝になって出社すると、パイプ椅子を並べてぐっすり眠っている人を発見することも。明け方まで仕事をしていたようです。

エンジニアだけではありませんが、人間は、疲れていれば、どんな環境でも眠ることができるのです。とはいえ、もう少しまともな環境で眠らないと、体に悪そうですね。仮眠の取り方に工夫しつつ、今週も頑張っていきましょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT