エンジニアの活動時間帯は、夕方以降だった

お昼近くになってゾロゾロと出勤

エンジニアといえば、圧倒的に「夜型」の人が多いですよね。

もちろん生産性が最優先。おのおのがいちばん集中できる時間に働けばいいのです。そのためにも、フレックスタイム制、もしくは自由勤務制を導入している会社がたくさんあります。べつに「夜型」で働くことが問題になるわけではありません。

お昼近くになると、「うぃーす」という掛け声とともに、ぽろぽろ出勤。午後になると人数も増え始め、夜になるといよいよフル稼働です。18時を過ぎたころから、オフィスには猛烈なエネルギーが充満し始めます。

・・・と、そんな時間になると、朝から来ていたぼへちゃんは、もう帰る時間です。そして翌朝になって出社すると、パイプ椅子を並べてぐっすり眠っている人を発見することも。明け方まで仕事をしていたようです。

エンジニアだけではありませんが、人間は、疲れていれば、どんな環境でも眠ることができるのです。とはいえ、もう少しまともな環境で眠らないと、体に悪そうですね。仮眠の取り方に工夫しつつ、今週も頑張っていきましょう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT