新人がタメ口でお客さんの仕様変更に反応!

「そんなの先週は言ってなかったじゃん」

さて、あなたの会社に今年新人さんは何人はいりましたか?

ぼへちゃんも、新人さんの教育担当になったらしく、今日は新人さんとともに、クライアントさん先の訪問です。

打ち合わせが始まると、クライアントさん開口一番、

「あ、やっぱり、メール配信にしてくれるかな」

どうやら仕様変更のようです。

ぼへちゃん「えっ……。何度も確認して、すでにテストまで終わっているのに」と、おなかの中で「うぐぐ……どうしよう」ってなっている時に隣の新人が口を開きました。

「そんなコト、先週は言ってなかったじゃん!」

「え?」

おおお、新人さんがいきなり、タメ口でクライアントさんに発言してしまいました!

ぼへちゃん、すったもんだの大ピンチです。

そりゃね。このクライアントさん、コロコロ言うこと変えて、困っています。そりゃ、ぼへちゃんだって言ってみたい。だけど、素直に言っちゃいけないときもあるんだよー。

ぼへちゃん大ピンチです。でも、そういう大ピンチをなんとか切り抜ける技を覚えるのも、スキルのひとつなのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。