新人がタメ口でお客さんの仕様変更に反応!

「そんなの先週は言ってなかったじゃん」

さて、あなたの会社に今年新人さんは何人はいりましたか?

ぼへちゃんも、新人さんの教育担当になったらしく、今日は新人さんとともに、クライアントさん先の訪問です。

打ち合わせが始まると、クライアントさん開口一番、

「あ、やっぱり、メール配信にしてくれるかな」

どうやら仕様変更のようです。

ぼへちゃん「えっ……。何度も確認して、すでにテストまで終わっているのに」と、おなかの中で「うぐぐ……どうしよう」ってなっている時に隣の新人が口を開きました。

「そんなコト、先週は言ってなかったじゃん!」

「え?」

おおお、新人さんがいきなり、タメ口でクライアントさんに発言してしまいました!

ぼへちゃん、すったもんだの大ピンチです。

そりゃね。このクライアントさん、コロコロ言うこと変えて、困っています。そりゃ、ぼへちゃんだって言ってみたい。だけど、素直に言っちゃいけないときもあるんだよー。

ぼへちゃん大ピンチです。でも、そういう大ピンチをなんとか切り抜ける技を覚えるのも、スキルのひとつなのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。