新人がタメ口でお客さんの仕様変更に反応!

「そんなの先週は言ってなかったじゃん」

さて、あなたの会社に今年新人さんは何人はいりましたか?

ぼへちゃんも、新人さんの教育担当になったらしく、今日は新人さんとともに、クライアントさん先の訪問です。

打ち合わせが始まると、クライアントさん開口一番、

「あ、やっぱり、メール配信にしてくれるかな」

どうやら仕様変更のようです。

ぼへちゃん「えっ……。何度も確認して、すでにテストまで終わっているのに」と、おなかの中で「うぐぐ……どうしよう」ってなっている時に隣の新人が口を開きました。

「そんなコト、先週は言ってなかったじゃん!」

「え?」

おおお、新人さんがいきなり、タメ口でクライアントさんに発言してしまいました!

ぼへちゃん、すったもんだの大ピンチです。

そりゃね。このクライアントさん、コロコロ言うこと変えて、困っています。そりゃ、ぼへちゃんだって言ってみたい。だけど、素直に言っちゃいけないときもあるんだよー。

ぼへちゃん大ピンチです。でも、そういう大ピンチをなんとか切り抜ける技を覚えるのも、スキルのひとつなのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT