謎のエンジニア組織、「SD」や「AS」って何?

次々に生まれる英文の肩書と組織名

さて、4月は新入社員をお迎えする季節です。年度初めでもあるので、ここで人事異動、組織変更、机の配置換えなどが怒涛のように行われることが多いと思います。部署名、肩書きなどがガラリと変わって戸惑っている人も多いのではないでしょうか。

ぼへちゃんのお勤め先も例外ではないようです。新しい組織表とにらめっこ。意味不明な謎の肩書き、部署名が加わっているようです。

SD? AS?

なんの略でしょうか。横を通りかかったぼへちゃんのだんなくんはSDは「ソルジャー・デベロッパー」かもしれないね、と言っています。

これ、あながち不自然ではありません。だって日々、仕様をとっちらかすクライアントさんや、無理難題なスケジュールを言ってくる上司と戦っております。まさに、兵隊のようなものなのです。

SDがソルジャー・デベロッパーだとすれば、ASは何でもこなせる最強キャラの「オールマイティ・ソルジャー」だったりして。

ちなみに正しい答えは、ASが「アプリケーション・スペシャリスト」、SDが「ソフトウエア・デベロップメント」でした。

ということでソルジャーではないのですが、今週も戦って参ります!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。