謎のエンジニア組織、「SD」や「AS」って何?

次々に生まれる英文の肩書と組織名

さて、4月は新入社員をお迎えする季節です。年度初めでもあるので、ここで人事異動、組織変更、机の配置換えなどが怒涛のように行われることが多いと思います。部署名、肩書きなどがガラリと変わって戸惑っている人も多いのではないでしょうか。

ぼへちゃんのお勤め先も例外ではないようです。新しい組織表とにらめっこ。意味不明な謎の肩書き、部署名が加わっているようです。

SD? AS?

なんの略でしょうか。横を通りかかったぼへちゃんのだんなくんはSDは「ソルジャー・デベロッパー」かもしれないね、と言っています。

これ、あながち不自然ではありません。だって日々、仕様をとっちらかすクライアントさんや、無理難題なスケジュールを言ってくる上司と戦っております。まさに、兵隊のようなものなのです。

SDがソルジャー・デベロッパーだとすれば、ASは何でもこなせる最強キャラの「オールマイティ・ソルジャー」だったりして。

ちなみに正しい答えは、ASが「アプリケーション・スペシャリスト」、SDが「ソフトウエア・デベロップメント」でした。

ということでソルジャーではないのですが、今週も戦って参ります!

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?