謎のエンジニア組織、「SD」や「AS」って何?

次々に生まれる英文の肩書と組織名

さて、4月は新入社員をお迎えする季節です。年度初めでもあるので、ここで人事異動、組織変更、机の配置換えなどが怒涛のように行われることが多いと思います。部署名、肩書きなどがガラリと変わって戸惑っている人も多いのではないでしょうか。

ぼへちゃんのお勤め先も例外ではないようです。新しい組織表とにらめっこ。意味不明な謎の肩書き、部署名が加わっているようです。

SD? AS?

なんの略でしょうか。横を通りかかったぼへちゃんのだんなくんはSDは「ソルジャー・デベロッパー」かもしれないね、と言っています。

これ、あながち不自然ではありません。だって日々、仕様をとっちらかすクライアントさんや、無理難題なスケジュールを言ってくる上司と戦っております。まさに、兵隊のようなものなのです。

SDがソルジャー・デベロッパーだとすれば、ASは何でもこなせる最強キャラの「オールマイティ・ソルジャー」だったりして。

ちなみに正しい答えは、ASが「アプリケーション・スペシャリスト」、SDが「ソフトウエア・デベロップメント」でした。

ということでソルジャーではないのですが、今週も戦って参ります!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT