謎のエンジニア組織、「SD」や「AS」って何?

次々に生まれる英文の肩書と組織名

さて、4月は新入社員をお迎えする季節です。年度初めでもあるので、ここで人事異動、組織変更、机の配置換えなどが怒涛のように行われることが多いと思います。部署名、肩書きなどがガラリと変わって戸惑っている人も多いのではないでしょうか。

ぼへちゃんのお勤め先も例外ではないようです。新しい組織表とにらめっこ。意味不明な謎の肩書き、部署名が加わっているようです。

SD? AS?

なんの略でしょうか。横を通りかかったぼへちゃんのだんなくんはSDは「ソルジャー・デベロッパー」かもしれないね、と言っています。

これ、あながち不自然ではありません。だって日々、仕様をとっちらかすクライアントさんや、無理難題なスケジュールを言ってくる上司と戦っております。まさに、兵隊のようなものなのです。

SDがソルジャー・デベロッパーだとすれば、ASは何でもこなせる最強キャラの「オールマイティ・ソルジャー」だったりして。

ちなみに正しい答えは、ASが「アプリケーション・スペシャリスト」、SDが「ソフトウエア・デベロップメント」でした。

ということでソルジャーではないのですが、今週も戦って参ります!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。