エンジニアの悩み「言った、言わない」バトル

仕様とスケジュールを巡って今日も衝突

会議室が騒然となっています。

A:そんな仕様、聞いていません!

B:いいえ、言いました。

A:いつですか?

B:この前のミーティングの最後に言いましたよね。そのときに「わかった」って返事しましたよね?

「言った」「いや言っていない」のバトルって、よく起きます。そのために議事録を残し、工程管理表を丁寧につくります。

確認のために議事録はお客さんに送るようにもしています。なにか漏れがあれば、この段階でチェックをしてほしいからです。なのに、「言った、言っていない問題」は、なくなりません。

細かいドキュメントを作ったとしても、お客さんは細かく読んでいないことが多いのです。こちらを信用してくださっているのかもしれませんが、そもそも「なにか漏れがあれば、あとで言えばいい」と考えているのかもしれません。

社内であっても偉い人は、たいてい細かいところまでは読んでいないので、同じような問題が起きます。つまり、「言った、言っていない問題」はしょっちゅう起きるのです。「起きて当たり前」と考えておかないと、神経が持ちません。

新人さんは怒っていますが、これは社会人の洗礼なのかもしれません。お客さんのところへ行って、戦ってはダメです! あ、ぼへちゃん、新人さんに「もちついて」とアドバイスをしていますけど、「おちついて」アドバイスをしないとダメですね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。