エンジニアの悩み「言った、言わない」バトル

仕様とスケジュールを巡って今日も衝突

会議室が騒然となっています。

A:そんな仕様、聞いていません!

B:いいえ、言いました。

A:いつですか?

B:この前のミーティングの最後に言いましたよね。そのときに「わかった」って返事しましたよね?

「言った」「いや言っていない」のバトルって、よく起きます。そのために議事録を残し、工程管理表を丁寧につくります。

確認のために議事録はお客さんに送るようにもしています。なにか漏れがあれば、この段階でチェックをしてほしいからです。なのに、「言った、言っていない問題」は、なくなりません。

細かいドキュメントを作ったとしても、お客さんは細かく読んでいないことが多いのです。こちらを信用してくださっているのかもしれませんが、そもそも「なにか漏れがあれば、あとで言えばいい」と考えているのかもしれません。

社内であっても偉い人は、たいてい細かいところまでは読んでいないので、同じような問題が起きます。つまり、「言った、言っていない問題」はしょっちゅう起きるのです。「起きて当たり前」と考えておかないと、神経が持ちません。

新人さんは怒っていますが、これは社会人の洗礼なのかもしれません。お客さんのところへ行って、戦ってはダメです! あ、ぼへちゃん、新人さんに「もちついて」とアドバイスをしていますけど、「おちついて」アドバイスをしないとダメですね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。