エンジニアの悩み「言った、言わない」バトル

仕様とスケジュールを巡って今日も衝突

会議室が騒然となっています。

A:そんな仕様、聞いていません!

B:いいえ、言いました。

A:いつですか?

B:この前のミーティングの最後に言いましたよね。そのときに「わかった」って返事しましたよね?

「言った」「いや言っていない」のバトルって、よく起きます。そのために議事録を残し、工程管理表を丁寧につくります。

確認のために議事録はお客さんに送るようにもしています。なにか漏れがあれば、この段階でチェックをしてほしいからです。なのに、「言った、言っていない問題」は、なくなりません。

細かいドキュメントを作ったとしても、お客さんは細かく読んでいないことが多いのです。こちらを信用してくださっているのかもしれませんが、そもそも「なにか漏れがあれば、あとで言えばいい」と考えているのかもしれません。

社内であっても偉い人は、たいてい細かいところまでは読んでいないので、同じような問題が起きます。つまり、「言った、言っていない問題」はしょっちゅう起きるのです。「起きて当たり前」と考えておかないと、神経が持ちません。

新人さんは怒っていますが、これは社会人の洗礼なのかもしれません。お客さんのところへ行って、戦ってはダメです! あ、ぼへちゃん、新人さんに「もちついて」とアドバイスをしていますけど、「おちついて」アドバイスをしないとダメですね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。