エンジニアの悩み「言った、言わない」バトル

仕様とスケジュールを巡って今日も衝突

会議室が騒然となっています。

A:そんな仕様、聞いていません!

B:いいえ、言いました。

A:いつですか?

B:この前のミーティングの最後に言いましたよね。そのときに「わかった」って返事しましたよね?

「言った」「いや言っていない」のバトルって、よく起きます。そのために議事録を残し、工程管理表を丁寧につくります。

確認のために議事録はお客さんに送るようにもしています。なにか漏れがあれば、この段階でチェックをしてほしいからです。なのに、「言った、言っていない問題」は、なくなりません。

細かいドキュメントを作ったとしても、お客さんは細かく読んでいないことが多いのです。こちらを信用してくださっているのかもしれませんが、そもそも「なにか漏れがあれば、あとで言えばいい」と考えているのかもしれません。

社内であっても偉い人は、たいてい細かいところまでは読んでいないので、同じような問題が起きます。つまり、「言った、言っていない問題」はしょっちゅう起きるのです。「起きて当たり前」と考えておかないと、神経が持ちません。

新人さんは怒っていますが、これは社会人の洗礼なのかもしれません。お客さんのところへ行って、戦ってはダメです! あ、ぼへちゃん、新人さんに「もちついて」とアドバイスをしていますけど、「おちついて」アドバイスをしないとダメですね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。