連休前に書いたプログラムが思い出せない!

いったい誰が書いたんだっけ?

さて、今年もゴールデンウィークが終わっちゃいましたね。皆さんは何日お休みできましたか。

ぼへちゃんは、お休み取れました。「エンジニアさんは休みの時ほど忙しいんじゃないの?」と思われるかもしれません。確かに、プロジェクトの炎上具合によっては休みが無くなってしまうこともあります。休みの時が遅れを取り戻すチャンスですから。

さて、ぼへちゃんはゴールデンウィークにお休みをとって旅行に行く予定だったので、休みを前に、「何が何でも終わらせる!」と必死の形相でお仕事をしました。

どうやら、無事に終わったようで、南の島あたりでバカンスを満喫できたようです。

でも、お休みが終わってお仕事に復帰すると、休み前に必死の形相で書いたプログラムを見ていても、これって自分が書いたんだっけ?というくらい記憶にないようです。

おやおや、進捗会議の時間になりましたが、ちゃんと報告をできるのでしょうか。かなりヤバそうです。

ガッツリとお休みを取った人ほど、こんな経験をすると思います。なるべく早く休みボケを克服して、連休前の仕事の内容を思い出すようにしましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。