連休前に書いたプログラムが思い出せない!

いったい誰が書いたんだっけ?

さて、今年もゴールデンウィークが終わっちゃいましたね。皆さんは何日お休みできましたか。

ぼへちゃんは、お休み取れました。「エンジニアさんは休みの時ほど忙しいんじゃないの?」と思われるかもしれません。確かに、プロジェクトの炎上具合によっては休みが無くなってしまうこともあります。休みの時が遅れを取り戻すチャンスですから。

さて、ぼへちゃんはゴールデンウィークにお休みをとって旅行に行く予定だったので、休みを前に、「何が何でも終わらせる!」と必死の形相でお仕事をしました。

どうやら、無事に終わったようで、南の島あたりでバカンスを満喫できたようです。

でも、お休みが終わってお仕事に復帰すると、休み前に必死の形相で書いたプログラムを見ていても、これって自分が書いたんだっけ?というくらい記憶にないようです。

おやおや、進捗会議の時間になりましたが、ちゃんと報告をできるのでしょうか。かなりヤバそうです。

ガッツリとお休みを取った人ほど、こんな経験をすると思います。なるべく早く休みボケを克服して、連休前の仕事の内容を思い出すようにしましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT