エンジニアにとって「見積り」は「命令書」

すでに予算も締切りも決まっていた

「これ、5人月でできるかどうか、見積りを出してください」

新しい案件のようです。プロジェクトには必ず割くことができるメンバーの人数、いつまでに終わらせなければならないという時間の制約があります。そのため、「見積り」が必要なのです。課長が言っている「5人月(にんげつ)」とは、5人が仕事をして1カ月で終わる仕事量ということを意味しています。

こうした場合、たいていは5人月分の予算しかないのです。プロジェクトも始まっていないうちに、リリース日だけが決まっていることもあります。

それでも、ぼへちゃんは、案件の概要やら機能やら規模感を見て、開発期間、テスト期間などを検討しました。そうすると5人月なんて無理! 参加できそうなメンバーのスキルから考えると、どう頑張ったとしても2倍の10人月になることが判明しました。

これを課長に報告したところ、「なんで、5人月でできないんだっ!」と怒られてしまいました。求められたのは、本当の見積書作りではなかったようです。つまり、覚悟を決めてやるようにね、という命令書のことも見積りというのです。絶対に無理だと思いますけど!
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT