エンジニアにとって「見積り」は「命令書」

すでに予算も締切りも決まっていた

「これ、5人月でできるかどうか、見積りを出してください」

新しい案件のようです。プロジェクトには必ず割くことができるメンバーの人数、いつまでに終わらせなければならないという時間の制約があります。そのため、「見積り」が必要なのです。課長が言っている「5人月(にんげつ)」とは、5人が仕事をして1カ月で終わる仕事量ということを意味しています。

こうした場合、たいていは5人月分の予算しかないのです。プロジェクトも始まっていないうちに、リリース日だけが決まっていることもあります。

それでも、ぼへちゃんは、案件の概要やら機能やら規模感を見て、開発期間、テスト期間などを検討しました。そうすると5人月なんて無理! 参加できそうなメンバーのスキルから考えると、どう頑張ったとしても2倍の10人月になることが判明しました。

これを課長に報告したところ、「なんで、5人月でできないんだっ!」と怒られてしまいました。求められたのは、本当の見積書作りではなかったようです。つまり、覚悟を決めてやるようにね、という命令書のことも見積りというのです。絶対に無理だと思いますけど!
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT