注意!「git」がエンジニアの"犯罪"が暴く

半年前の自分は何をやっていたの?

誰かにファイル上書きされて、自分の修正を消されちゃった!

この資料、X月X日のバージョンに戻したい……そんなことってありますよね。

そんな便利なことができるように、プログラムのコードは、gitという変更履歴を記録・追跡するためのシステムで管理しています(gitについては、こちらを参照)。

さて、ぼへちゃん、とあるプログラムのコードを見てダメだしをしているようです。

「ダメじゃん! ひどいよー、これ、ムダな処理が多いよね」

「まったく、こんなコード誰が書いたんでしょうね!」

さて、このときにバージョンを管理しているシステムが役に立ちます。いったい、この冗長なコードを書いた犯人は誰なのか?

がーん、なんと自分でした。どうやら、半年前にぼへちゃんが書いたコードのようです。

エキスパートであるくのりんが、冷ややかに、「ちゃんと修正しておいてね」と言っています。「なんなら、ペアプログラミングしようか」とも。

ぼへちゃん、ペアプログラミングで鍛えてもらったほうがいいかもしれませんね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT