注意!「git」がエンジニアの"犯罪"が暴く

半年前の自分は何をやっていたの?

誰かにファイル上書きされて、自分の修正を消されちゃった!

この資料、X月X日のバージョンに戻したい……そんなことってありますよね。

そんな便利なことができるように、プログラムのコードは、gitという変更履歴を記録・追跡するためのシステムで管理しています(gitについては、こちらを参照)。

さて、ぼへちゃん、とあるプログラムのコードを見てダメだしをしているようです。

「ダメじゃん! ひどいよー、これ、ムダな処理が多いよね」

「まったく、こんなコード誰が書いたんでしょうね!」

さて、このときにバージョンを管理しているシステムが役に立ちます。いったい、この冗長なコードを書いた犯人は誰なのか?

がーん、なんと自分でした。どうやら、半年前にぼへちゃんが書いたコードのようです。

エキスパートであるくのりんが、冷ややかに、「ちゃんと修正しておいてね」と言っています。「なんなら、ペアプログラミングしようか」とも。

ぼへちゃん、ペアプログラミングで鍛えてもらったほうがいいかもしれませんね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。