料理に「MS-DOS」を持ち込んではいけません

マルチタスクで効率的に進めましょう

さて、ぼへちゃんのようにおいしいご飯を作ろうと、今日はだんなくんが腕をふるったようです。

ところが、お料理を作るのに3時間もかかっちゃったようです。いったいどうしてそんなに時間がかかったんでしょう。

だんなくんいわく、「だって、まずお湯をわかすでしょ、だしを入れるでしょ、みそ入れて、おみそ汁つくってから、ええっと煮物つくるために野菜を切るでしょ、次に煮始めるでしょ、味付けするでしょ、それからそれから……」

そんなの1個ずつ作ってたらダメだよ!全部いっぺんに始めなきゃ時間が掛かるに決まっているでしょ!

重要なのはマルチタスクです。並行にすすめれば、合間、合間の時間にいろいろなことができるので。これはコンピュータのCPUと一緒です。うまくリソースを配分して使うのです。シングルタスクじゃ、いつまでたっても料理は終わりませんよ。

ところが、だんなくんはコンピュータは得意でも料理のほうは不慣れなので、ひとつのことをやり出すと、それで頭がいっぱいになってしまうようです。

「ぼくは、シングルタスクOSのMS-DOSなんだ!」って開き直っていますよ……。もうWindows 10の時代になりましたが、懐かしい響きですよね、MS-DOS。若い人はもう知らないかな?

猛暑が続いています。熱中症に気を付けて、明日からもお仕事がんばりましょう!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。