猛暑日にエンジニアが駆け込む場所とは?

機械音がうるさくてもお構いなし

8月4日は「猛暑日が連続5日」ということで話題になりました。日本の夏は一体どうなっちゃったのか、心配ですね。

暑い中、人混みの中を電車に乗り、街中を歩き、そしてエレベーターに乗って、オフィスに到着したら、その時点で汗だく。出勤するだけでも大変です。

さて、今朝は出勤する人が、次々とサーバールームへ入っていきます。みんな汗ぐっしょりで大慌て。サーバールームは中が見えないため姿が見えません。いったい何があったのか、気になります。ひょっとして朝からサーバーのトラブルでもあったのでしょうか。知らないのは自分だけ?

ぼへちゃん、心配になって覗きにいくと、みんな涼んでいるだけのようですよ。そりゃ、サーバールームはサーバーを冷やすために、がっつりと冷房が効いています。長居をすると寒く感じるほどですから、クールビズをうたっているオフィスのなまぬるい空調に比べたら、断然快適です。

サーバーが動いているので騒音が気になりますが、確かに汗は一気にひきます。でも、涼むためだけの目的でサーバルームに入るのはダメですよ!
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。