猛暑日にエンジニアが駆け込む場所とは?

機械音がうるさくてもお構いなし

8月4日は「猛暑日が連続5日」ということで話題になりました。日本の夏は一体どうなっちゃったのか、心配ですね。

暑い中、人混みの中を電車に乗り、街中を歩き、そしてエレベーターに乗って、オフィスに到着したら、その時点で汗だく。出勤するだけでも大変です。

さて、今朝は出勤する人が、次々とサーバールームへ入っていきます。みんな汗ぐっしょりで大慌て。サーバールームは中が見えないため姿が見えません。いったい何があったのか、気になります。ひょっとして朝からサーバーのトラブルでもあったのでしょうか。知らないのは自分だけ?

ぼへちゃん、心配になって覗きにいくと、みんな涼んでいるだけのようですよ。そりゃ、サーバールームはサーバーを冷やすために、がっつりと冷房が効いています。長居をすると寒く感じるほどですから、クールビズをうたっているオフィスのなまぬるい空調に比べたら、断然快適です。

サーバーが動いているので騒音が気になりますが、確かに汗は一気にひきます。でも、涼むためだけの目的でサーバルームに入るのはダメですよ!
 

人気記事
トピックボードAD
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。