猛暑日にエンジニアが駆け込む場所とは?

機械音がうるさくてもお構いなし

8月4日は「猛暑日が連続5日」ということで話題になりました。日本の夏は一体どうなっちゃったのか、心配ですね。

暑い中、人混みの中を電車に乗り、街中を歩き、そしてエレベーターに乗って、オフィスに到着したら、その時点で汗だく。出勤するだけでも大変です。

さて、今朝は出勤する人が、次々とサーバールームへ入っていきます。みんな汗ぐっしょりで大慌て。サーバールームは中が見えないため姿が見えません。いったい何があったのか、気になります。ひょっとして朝からサーバーのトラブルでもあったのでしょうか。知らないのは自分だけ?

ぼへちゃん、心配になって覗きにいくと、みんな涼んでいるだけのようですよ。そりゃ、サーバールームはサーバーを冷やすために、がっつりと冷房が効いています。長居をすると寒く感じるほどですから、クールビズをうたっているオフィスのなまぬるい空調に比べたら、断然快適です。

サーバーが動いているので騒音が気になりますが、確かに汗は一気にひきます。でも、涼むためだけの目的でサーバルームに入るのはダメですよ!
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。