猛暑日にエンジニアが駆け込む場所とは?

機械音がうるさくてもお構いなし

8月4日は「猛暑日が連続5日」ということで話題になりました。日本の夏は一体どうなっちゃったのか、心配ですね。

暑い中、人混みの中を電車に乗り、街中を歩き、そしてエレベーターに乗って、オフィスに到着したら、その時点で汗だく。出勤するだけでも大変です。

さて、今朝は出勤する人が、次々とサーバールームへ入っていきます。みんな汗ぐっしょりで大慌て。サーバールームは中が見えないため姿が見えません。いったい何があったのか、気になります。ひょっとして朝からサーバーのトラブルでもあったのでしょうか。知らないのは自分だけ?

ぼへちゃん、心配になって覗きにいくと、みんな涼んでいるだけのようですよ。そりゃ、サーバールームはサーバーを冷やすために、がっつりと冷房が効いています。長居をすると寒く感じるほどですから、クールビズをうたっているオフィスのなまぬるい空調に比べたら、断然快適です。

サーバーが動いているので騒音が気になりますが、確かに汗は一気にひきます。でも、涼むためだけの目的でサーバルームに入るのはダメですよ!
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT