東京ガスが誇る世界最大のLNGタンク

東京湾岸には大きな魔法瓶が埋まっている!

これが巨大LNGタンクの中の様子。

ガスタンクと言えば、海際などに球形または円柱形にそびえているものだが、昨今のトレンドは地下埋設式だという。しかも、そのトレンドの世界一が京浜工業地帯の埋め立て地・扇島にあるという。これは、見ねばなるまい。

今回の現場はJFEスチールの敷地内

さっそく、その現場である東京ガス扇島工場へと川崎駅から車で向かう。市街地を抜け、工場地帯へ入ると、いかにも埋立て地という風景が広がってくる。すると、車が警備員のいるゲートの前で停まった。目的地はJFEスチールが管理する扇島の敷地内にあるため、入構チェックを受けるのだ。その後、東西1号という明快な名前の道路を通り、鶴見川河口にかかる白い吊り橋・鶴見つばさ橋手前にある目的地に着いたのは、ゲートを後にしてから12分後だった。

画像を拡大
堤さんのレクチャーを受ける

広い土地には緑地が広がっており、ときおりパイプが見えるくらい。どうやら、主要な施設はすべて地下にあるようだ。

タンク見学の前に、LNGPARKという見学施設で座学を受ける。入り口に敷かれているマットが格好いい。先生役は新タンクの建設責任者・東京ガスの堤洋一さん。

現在、扇島工場には、4つの埋設式LNGタンクがある。そのうち3つ(扇島1号~3号タンク)の容量は、20万キロリットルだ。このタンクひとつで、扇島のある神奈川県横浜市鶴見区の約10万世帯が消費するガス3年分をまかなえるという。そして2013年11月に本格稼働が始まった最新のLNGタンク・扇島4号タンクの容量は、25万キロリットルだ。目下、世界一の容量である。

「海外では、これより大きいLNGタンクの計画を発表した会社がありましたが、実際はその通りには造らなかったようなので、世界最大で間違いありません」(堤さん)

次ページ25万キロリットルとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT