会社を"見限っている"人のほうが出世する

ドライな付き合い方を身に付けよう!

「会社に過度な期待をしないこと」が、出世の法則なのです(写真:Taka / Imasia)
 「結局、要領のいいヤツが出世するんだよな……」
 多くの企業で、このようなやっかみの声が聞かれる。ということは、多くの企業で出世するのは、「要領のいい人」だということになる。なぜだろうか?
 日本の中小企業からフォード、GE、ロイター、モンサントなど世界に名だたる大企業まで、多くの企業で人事責任者として働き、出世する人をつぶさに見てきた村上賀厚氏は、新刊『元・外資系人事部長が見た 要領よく出世する人』の中で、「要領のいい人が出世するのは、いつの時代の、どこの国の、どんな企業でも変わらない『現実』」だと言い切る。
 本連載では、「要領のいい人」が出世する理由と、「要領よく」働き、出世するためにすべきことを、4回に分けて解説してもらう。

 

いつでも、どこでも、どんな組織でも、出世には共通の法則があります。日本の中小企業でも世界の超一流企業でも変わらない、上司が「あの人」を抜擢した理由を知れば、どんな人でも、これまでと同じ労力で高い成果を出すことができるようになります(上の画像をクリックするとAmazonの購入画面にジャンプします。Kindle版も好評発売中)

前回は、「上司の悪口を言う人は仕事ができない」という話をしました。会社の中で出世する人は、上司の弱点を探し、フォローすることで、会社に貢献できる人です。ある意味、当たり前なのですが、意外とわかっていない人が多いもの。読者の皆さんは、お気をつけください。

さて、最近「社員を大切にする……」といった経営哲学をうたった本が、書店さんでよく売れているようです。それを読んで感動し、「自分の会社がいかに社員を大切にしていないか」「そのことでどれだけ社員が疲弊し、現場のモチベーションが下がっているか」と漏らす声も聞こえてきます。

気持ちはわかるのですが、心を鬼にしてはっきり言います。こういった企業の経営哲学っぽい話に感動を覚える人は、出世する人になるのは難しいでしょう。なぜなら、物事を「経営の視点」で見ていないからです。要領よく出世する人は、なぜ会社が「社員を大切にする」とうたうのか、その本音を見抜いて行動しています。

次ページ結局、単なる「費用対効果」にすぎない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT