「飲み会も仕事のうち」は、社会人の常識?

部長、忘年会はつまらないんで欠席します!

日本の会社には、奇妙な風習が多すぎる。そんな主張で一躍、月間50万PVの大人気になったブログがある――それが、「脱社畜ブログ」だ。
この連載では、「脱社畜ブログ」管理人で、書籍『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』を刊行予定の筆者が、日本の会社の奇妙な風習を正面からぶった切っていく。第1回目は、忘年会シーズンが本番を迎えるいま、忘年会に出席することは「社会人の常識」なのか、考えてみたい。
書籍『あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。』の「はじめに」と、第2章の一部を公開しています。こちらからご覧ください。(12/26追記)
「社会人の常識」は、疑ってかかったほうがいい。(イラスト:深川直美)

はじめまして。「脱社畜ブログ」管理人の、日野瑛太郎と申します。この連載では、私が経営者と会社員両方の経験をした体験から、日本の職場にまつわる「おかしなこと」を紹介していこうと思います。

さて、2013年も、もう12月になってしまいました。

12月はいわゆる忘年会シーズンで、何かと「飲み会」が多くなる時期です。「飲み会が好きで好きでしょうがない」という人にとってはうれしい時期なのかもしれませんが、おそらくそういう人ばかりではないでしょう。特に、職場の飲み会に関して言えば、本当は行きたくない、参加したくない、という人もかなりの数に上るはずです。

特段仲が良いわけでもない同僚のつまらない話を延々と聞かされ、上司が偏見に満ちた人生訓を一方的に語り、新人がバカげた一発芸を披露する――こんな職場の飲み会に、うんざりしているという人も多いのではないでしょうか。

今日は、そんな「職場の飲み会」について少し考えてみたいと思います。

次ページ職場の飲み会は仕事か否か
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT