糸井重里「ブラック企業が生まれる理由」

糸井さんと、これからの働き方を考えてみた(下)

「ほぼ日」は、Eコマースでしっかり稼ぐ優良企業。おカネ儲けと「楽しさ」はどうすれば両立できる?
糸井重里さんが主催する、「ほぼ日刊イトイ新聞(略称:ほぼ日)」が今年6月で15周年を迎えた。その記念として現在、渋谷のパルコミュージアムで「はたらきたい展。」が開催されている。展示会場で糸井さんと一緒に、これからの時代の新しい「はたらきかた」について考えてみた。 

 ※インタビュー(上):糸井重里「楽しいからこそ、仕事はできる」

世の中がおもしろくない、とは言うまい

――企業にいると、自分で仕事をつくり出す人もいますが、ほとんどの人は仕事が上からふってきます。それをきちんとこなしていくことも大事ですよね。

そうですね。展覧会で紹介している「99の『はたらく人』のことば。」にもありますが、萩本欽一さんが、「したくない仕事しか来ない」と言ってるんです。あんなに視聴率をずーっと稼ぎまくってきたのに、「不本意な仕事しかなかった。全部と言っていいぐらい不本意な仕事だった」って。それをやりたい仕事に変えるんだって。不得意な司会を「やってみろ」と言われて、「エエッ、司会なんてできないよ」と。でも、そこから始まるんです。

――自分の向き不向きは、あんまり決めつけないほうがいい、ということですね。

向いてない人ばっかりなんじゃないですか(笑)。

――ああ。そこから自分で向くようにしていく。

そうですね。

――いま「仕事がつらくてしょうがない。やめたい」と思ってる人に対して、どういう言葉をかけますか。

「ほぼ日」にも書いたんですけど、「世の中がおもしろくない、とは言うまい。それはオレのせいだからだ」と。今日、おもしろくなかったのは、オレがそうしたからなんです。これは誰にでも当てはまるんじゃないかなあ。

この2年間、ぼくは東北の被災地の人たちと付き合ってきたけど、家族や知り合いが亡くなって、家も財産も流された人たちに、いまの言葉をぶつけられないですよね。あの不本意きわまりない、理不尽なところから立ち上がってきて、それでも笑顔でいる人間の強さを、ぼくは尊敬してるんです。

「はたらきたい展。」では、「東北の仕事論。」と「気仙沼のほぼ日。」の展示も

だから、「つらい」側しか見えていない人は、なにがカッコいいかを見つければいいと思う。文句ばっかり言っている人を「カッコいいなあ」と思ったらそうすればいいし、不本意な状況にあっても、それを自分で変えた人が「カッコいいなあ」と思ったら、そのまねをすればいいじゃない?

――もし自分のまわりにいなかったら、本や映画なんかで探してもいいかもしれませんね。

そうそう。「そういう人になりたい」と思ったら、やっぱり気持ちや行動も変わってきますよね。あんまりガリガリの精神論を言うつもりはないんですが、ただ、「ポジティブな側からも見てごらん」とは言いたい。今の自分の環境なんて、よくないに決まってる。ぼくだってそうです。

次ページブラック企業って、なんなんでしょう。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。