糸井重里「楽しいからこそ、仕事はできる」

糸井さんと、これからの働き方を考えてみた(上)

1998年の創刊から、「ほぼ日」は1日も休まずニュースを更新し続けてきた 
糸井重里さんが主催する、「ほぼ日刊イトイ新聞(略称:ほぼ日)」が今年6月で15周年を迎えた。その記念として現在、渋谷のパルコミュージアムで「はたらきたい展。」が開催されている。展示会場で糸井さんと一緒に、これからの時代の新しい「はたらきかた」について考えてみた。

「働く」ことを、もみ直す

――このインタビューの前に「はたらきたい展。」を1時間かけて見て回りました。

この展覧会、文章が多いので、読んでいると止まっちゃいますよね。ちょっと盛りすぎじゃないかなあ。長すぎませんでした?

「ほぼ日」のエッセンスがつまった展示会。6月17日(月)まで渋谷パルコミュージアムで開催

――ぜんぜん、そんな感じはしなかったです。おもしろかったです。

そうですか。じゃあ、よかった。

――「ほぼ日」が今日6月6日に15周年を迎えられて、いまあらためて「働くこと」にフォーカスされたのは、なにか理由があるのでしょうか。

仕事をしていくなかで、やっぱり人が大事だなと思ったんです。昔だったら、どこの会社とつながりがあるとか、どこに工場を建てるとか、そういうことがすごく重要だったんですけど、そんなことよりも、どのような人に会うか、どのような人が仲間になるかがよっぽど大事だって、ずーっと感じていたんです。

どの企業もきっとそうなんですね。

一方では、いろいろな企業のなかで「ここで働いても、どうなんだろうなあ……」って悩んでいる人たちが、ほかの企業に動きにくいじゃないですか。人も仕事場も、需要があるのに滞っていますよね。

――動きたい人がいっぱいいるのに動けない。

そう。それで、あんまり型にはめないで、「働く」ということを1回、もみ直してみようか、って考えたんです。

――もみ直す。

マッサージですね(笑)。この展覧会は理論立ってないですからね、なにも。「こうすればいい」って書いていません。

――「どうしろ」とか、おっしゃりたいわけではない。

いろいろな仕事をしている人たちがぽろっと言った一言がきっかけで、なにかツボが刺激されて、いい方向に動き出すかもしれない。だから、マッサージなんですよ。

次ページみんな催眠術にかかっている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。