「部下が伸びない理由」と「東洋医学」の共通点

あれこれ施術するほど逆効果?

(写真:M・O / PIXTA)

4月から始まった新しい組織・メンバーでの業務も、そろそろ慣れてくるころ。部下の意外な弱点や足りないスキルも見えてくる時期です。それをどのように修正していけばいいか、というのは、頭の悩ませどころです。

マッサージは直すのが真の目的ではない?

先日、あるマッサージ師と話していて、「マッサージの効用」について教えてもらいました。

マッサージは、筋肉をもみほぐし、血の巡りをよくすることが目的のように思われがちですが、実はそうでもないのだとか。もまれている本人でも気づいていない痛みの箇所を刺激して「痛い」と気づかせることで、マッサージの目的は十分に果たされているのだそうです。

そうすれば体は自然にその部位を意識するようになり、勝手に血流を増やしたり、姿勢を正したりして、痛みを取ろうとする。言ってみれば「治すのは体が勝手にやるから、マッサージ師は痛いところを教えてあげればいい」ということ。それぐらい、体には本来的な治癒能力が備わっているのだ、というのが彼の持論でした。

もちろんこれは、彼の個人的な意見かもしれませんが、どことなく説得力のある話ではないでしょうか。外部からあれこれと施術をするのではなく、よくない箇所を指摘し気づかせるだけで、内部からの自然治癒を狙う。実に、東洋的な考え方でもあります。

さて、同じことが社内教育においても言えるかもしれません。つまり、あれこれと「指導」するのではなく、本人が気づいてないところを「指摘」するだけで、人は成長する、ということ。

部下のよくないところや足りない能力について、口うるさく教えようとしても、なかなか素直に言うことを聞いてくれないことも多々あるはず。そんなときにはマッサージの話を思い出して、ただ「指摘する」にとどめてみましょう。

次ページダメ出しの先も考えよう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT