これが「お局様」を味方にする3つのコツだ

彼女たちは「やる気がない」ワケじゃない

(写真:naka / PIXTA)

5月も気づけば第3週。ゴールデンウイークが明け、新入社員も研修を終え、部署に配属されて、ほっと一息ついたところ、あるいはいよいよ所属部署で業務開始といったところでしょうか。

今の日本企業で大きなテーマになっているのが女性活躍推進です。今年に入って、筆者の下には経営者や人事担当者から、「女性活躍推進を具体的にどう進めたらいいか?」という相談が増えてきています。中でも、いわゆる「ベテラン」の域に達している女性たちの処遇について、男性の管理職や事担当者が気にしているケースが少なくありません。

ベテラン女性社員こそ、この時期に活躍してもらう

彼らがいう「ベテラン社員」とは、社歴20年以上で、いわゆる「事務職」として入ったベテランの女性たち。たとえば総合商社や、保険代理店、銀行で男性営業職のサポートなど、補助的な仕事をやってきた人たちのことを指します。「お局様」と揶揄されることもあります。

彼女たちはルーチンワークをしっかりとこなしてきた「できる人」にもかかわらず、男性社員からは、「決められた仕事以外の仕事をしてもらおうとすると抵抗される」、「残業を頼みづらい」、あるいは、「職場では影響力が強い人たちもいるために、頭が上がらない」という話が聞こえてきます。

彼女たちが、もし「やる気がない」ように見えるのなら、それは違います。「やる気を出す機会がなかった」のです。今までの仕事を積み重ねてきて、職場の中も仕事もよく見えている。なのに、基本的には補助的な仕事がメインとなるので、「どうせ私が言っても聴いてもらえない」という思いを抱いても不思議ではありません。

その「やる気」を汲み取り、職場に活かしていくのは、管理職や人事担当者の仕事なのです。

次ページ女性ベテラン社員だからできること
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。