お局様より断然怖い!職場を乱す「側近女子」

新任上司は、現場でどう振舞うべき?

人事異動で「女子の多い部署」の上司になったとしたら…(写真:xiangtao / Imasia)

人事異動の季節がやってきました。この時期になると、みんながソワソワする職場の中、ご自身が上司である方はなおさら、「新しい部署で部下たちとうまくやっていけるだろうか」と、不安と緊張で押し潰されそうになることでしょう。

さてここで、そんな上司の方にクエスチョンです。異動して「女子の多い部署」の上司になったとしたら、そこになじむためにはどうしたらいいのでしょう? このコラムをご覧いただいているビジネスエリートの読者の皆さんなら、実際に一度は直面した、あるいは考えてみたシチュエーションかもしれません。

「仲良し」は表面だけ?

おやおや? 「自分が女性部下の多い部署に異動なんて、そんなことは起こりえない」なんて高をくくっている人も、意外と多いようですね。近年、女性ならではのきめ細やかな視点が仕事に生かせるということで、戦略的に女性社員が結集されている部署も増加傾向にあります。どなたも、うかうかしている場合ではありませんよ。

そこで今日は、「女子の多い部署での上司の振る舞い方」について一緒に考えていきたいと思います。私は「営業部女子課」主宰者として、女子が多い部署を束ねる上司の方の悩みに触れる機会の多い日々ですが、どうやら共通している悩みがいくつかあるようなのです。

上司たち「いや、驚きましたよ。女子社員は皆、とても和やかに穏やかに仲良く仕事をしているように見えるのですが、よくよく観察していると表面的な関係のようなんです」

次ページ「話し掛けやすい若手女子」に注意せよ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。