「初めての女性部下」に動揺しないための心得

営業女子たちのホンネから実態を検証!

実際、女性部下はどんなふうに考えているのでしょう?(写真:よっし / PIXTA)

上司「今度の人事異動で初めて女性部下が配属されてきたんだけど、彼女のやる気をどう引き出せばいいのやら……」

社内のダイバーシティ推進運動の一環で「女性部下のマネジメント」研修は受講したものの、当時は他人事だと思っていた。ただ当事者になってみると、女性部下をどのように扱っていいかわからず、妙に遠慮してしまう。正直、戸惑っている……。この時期、そんな思いを抱えている人は少なくないでしょう。

そこで今回は「初めて女性部下が配属されたときの対応」のヒントをお届けします。私が主宰する「営業部女子課」で、どのような上司が女性部下に支持されているのか「生の声」を拾ってきましたので、一緒に考えてみたいと思います。

「頼まれた=頼りにされている」という認識

声①「私の上司は、私が手掛けた仕事を尊重してくれるんです。ありがたいな、と感激しますね」

「尊重するなんて当然だよ!」と思うかもしれません。しかし、意識はできていても、それが相手に伝わらなければ、意味をなしません。

上司として仕事を課員にふりわける時には、何かしら手伝ってほしいと部下に任せることでしょう。そこでおそらく、男性ならば「上司から頼まれた=指示命令だからやる」というようにとらえて仕事に向かいますが、彼女たちからは「上司に頼まれた=この上司から私は頼りにされているからやる」という考えが浮かぶ……そんな声が出ました。

次ページ小さな「不信感」は大きな「嫌悪」に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。