「初めての女性部下」に動揺しないための心得

営業女子たちのホンネから実態を検証!

声④「上司とは話をお互いに理解できていると思うので、助かります。もし噛み合わなかったら……と思うと怖いですね」

これは①のお互いの尊重にも通じるかもしれませんが、話しが噛み合わないのは男女関係なく、部下の不安がくすぶるばかりです。

特に男性上司と女性部下の間で、理解したい、理解してほしいポイントがずれてしまうのは、以前当コラムでも取り上げた男性脳と女性脳の違いが関係しているのかもしれません。

女性は感情についての説明をしがちで、男性は発生した事象について話しをしがちと言われています。感情や思いなどの話をしている女性部下に対し、いま置かれている現状について話をする男性上司では、残念ながら噛み合わなくなります。

まずは「同調」が正解!

それでは、上司であるあなたはどうすればよいでしょうか? それはひとえに、「まずは同調をする」ことです。男性脳で考えると「悩み」には即アドバイスをして問題解決をしようとするようですが、ちょっと立ち止まって考えるようにしてみてください。

もちろん、解決に向かわせることは大切。ですが、まずは「同調」してあげてください。「自分が抱いた感情を上司が理解してくれる」こと。それが関係の構築であり、これができれば、あなたの上司力がさらにグッと上がること間違いなしです。

声⑤「理想を語ってくれる上司は頼もしい!」

「こんなビジョンがある」「クライアント戦略は数年度ここまで考えている」など、上司であるあなたは日頃からビジョンを口にしていますか? 「行動で表せばいい」なんて高をくくってはいけません。やっぱり「言葉」で伝えてほしいものです。

上司が理想を言葉に託せば託すほど、「この人は本気なんだな」と伝わります。「営業部女子課」メンバーからは、「上司が自分が目指していきたい方向を部下に毎日伝えてくれるから、自分も一緒の方向を向いて力を発揮できる」という声も上がりました。

以上、「5つもあるなんて、これは面倒だ!」と思いますか? それとも「意外と簡単、明日から実践だ!」と思いましたか? どちらにせよ、彼女たち部下が求めるのは「認識の共通化」であると覚えておいてください

仕事をしていると、「これで大丈夫だろうか?」と不安に潰されそうになることが少なくありません。そのとき、上司であるあなたが旗を振りながら「大丈夫。この方向で間違いないから」と温かく手を差し伸べると、女性部下は奮起し、大きな戦力になってくれるはずです。

営業部女子課とは、主宰の太田彩子が2009年に立ち上げた、営業女子を応援するためのコミュニティです。女性営業職の活躍の場を広げることで、結果男女ともに輝きながら働ける社会創造を目指しています。詳しくはこちらをご覧ください。講演・セミナーのお問い合わせはこちら→kouen@yoshidamsaki.com
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT