一流アスリートは、だから毅然としている

ヤンキースOB松井秀喜の安定的なメンタル

人格的にも優れ、現役時代には抜群に安定したメンタルを誇っていたことで知られている松井秀喜氏(写真:日刊スポーツ/アフロ)

渡米して2年目を迎えたヤンキースの田中将大投手。当時、肘の状態が不安視されていましたが、じわじわと調子を上げてきています。また、マーリンズに「4番目の外野手」として移籍したばかりのイチロー選手も存在感をアピール。日本が誇る新旧のスターがMLBで活躍するニュースが、毎日のように飛び込んできます。

さて、田中投手が尊敬しているとされるのが、ヤンキースのOBである松井秀喜氏。現役時代の彼は人格的にも優れ、抜群に安定したメンタルを誇っていたことで知られています。

マスコミからの注目にも毅然と対応

中でも、野球に集中するために「コントロールできないことを気にしない」を心掛けていたというエピソードは有名です。

ルーキーイヤーに「マスコミから注目されているが、どのように報道されるか気になるか?」と聞かれた松井氏は、「気になりません。記者が書く内容は、僕にはコントロールできないからです」と答えたそうです。

自らのバッティング技術や調子はコントロールすることができる。そこはいくらでも頑張れる。が、それ以外のことは自分の力ではどうしようもない。であれば、そこに関心を持っても意味がないし、必要がない、ということでしょう。

次ページ松井、イチロー、ダルビッシュも……
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。