一流アスリートは、だから毅然としている

ヤンキースOB松井秀喜の安定的なメンタル

人格的にも優れ、現役時代には抜群に安定したメンタルを誇っていたことで知られている松井秀喜氏(写真:日刊スポーツ/アフロ)

渡米して2年目を迎えたヤンキースの田中将大投手。当時、肘の状態が不安視されていましたが、じわじわと調子を上げてきています。また、マーリンズに「4番目の外野手」として移籍したばかりのイチロー選手も存在感をアピール。日本が誇る新旧のスターがMLBで活躍するニュースが、毎日のように飛び込んできます。

さて、田中投手が尊敬しているとされるのが、ヤンキースのOBである松井秀喜氏。現役時代の彼は人格的にも優れ、抜群に安定したメンタルを誇っていたことで知られています。

マスコミからの注目にも毅然と対応

中でも、野球に集中するために「コントロールできないことを気にしない」を心掛けていたというエピソードは有名です。

ルーキーイヤーに「マスコミから注目されているが、どのように報道されるか気になるか?」と聞かれた松井氏は、「気になりません。記者が書く内容は、僕にはコントロールできないからです」と答えたそうです。

自らのバッティング技術や調子はコントロールすることができる。そこはいくらでも頑張れる。が、それ以外のことは自分の力ではどうしようもない。であれば、そこに関心を持っても意味がないし、必要がない、ということでしょう。

次ページ松井、イチロー、ダルビッシュも……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。