カープ黒田投手がこだわる「もう一つの契約」

断ったのはヤンキースだけではなかった

11日に2勝目を挙げたカープ黒田投手。「レジェンド」黒田がこだわる「もう一つの契約」とは?(写真:河南真一)

いまやすっかり「レジェンド」(伝説)という言葉が似合う広島の黒田博樹投手。4月11日の阪神戦(甲子園)では、自ら打者としてタイムリーも放つなど活躍。日本復帰初登板になった3月29日のヤクルト戦(マツダ)に続き、今季2勝目(1敗)をマークした。

ちまたで黒田の「男気」にまつわる話題は、今も引きも切らない。ヤンキースからの21億円ともいわれるオファーを蹴って、9年ぶりに広島復帰。その心意気に日本人は喝采した。

一方で、アスリートとしては年齢的にも下り坂の黒田が、メジャーからの大型契約を振り切ったことだけがクローズアップされているようだ。だが彼の〝義侠心〟はそれだけではないのだ。

ヤンキースで活躍後も、SSKと専属契約を継続

実は、黒田はプロ入りして以来、ずっと大手スポーツメーカーSSK社(本社・大阪市)と専属アドバイザリー契約を結び続けている。

アドバイザリー契約に関しては、日本だけでプレーする選手でも、所属先を変更するのは珍しくない。それだけに黒田が名門ヤンキースのエース格にのし上がった後も、結局SSK1社で専属契約を貫いているのは超異例と言える。

次ページなぜ黒田は他のメーカーになびかなかったのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT