なぜソフトバンク工藤監督は背番号81なのか

「常勝軍団」は、いかにしてつくられるか

1986年の日本シリーズで日本一になりマウンドで飛び跳ねる工藤投手。右は秋山選手(いずれも当時、スポーツニッポン)

阪神を4勝1敗で下して3年ぶり6度目の日本一の座に就いたソフトバンクが11月1日、工藤公康新監督の就任を発表した。

工藤新監督が「背番号81」を引き継いだ「本当の意味」

背番号は81。在任期間6年でリーグ優勝3回、日本シリーズ優勝2回の好成績を残し
た秋山幸二前監督の番号を引き継ぐ。新監督はその理由をこう説明した。

「多くの選手を育て、日本一を2回。それを受け継ぐ意思の表れとして、一番ぴったりの背番号だと思う」

その言葉の奥に、あと2人の背番号81が透けて見える。

ソフトバンクの前身ダイエーで1993年から2年間指揮を執った根本陸夫。西武の監督として1986年から在任9年間でリーグ優勝8回、日本一6回を成し遂げた森祇晶。いずれも新旧監督に関わりの深い人物である。

秋山と工藤はともに「球界の寝業師」の異名を取った根本が管理部長時代の西武に入団する。いずれもドラフト1位の素材と評価されながら、秋山はドラフト外、工藤はドラフト6位指名だった。

八代高(熊本)のエースだった秋山は3年夏の1980年、熊本大会決勝で伊東勤(現ロッテ監督)擁する熊本工に敗れ、大学進学を表明。ドラフトでは指名されず、ドラフト外での争奪戦になった。

次ページ秋山・工藤を導いた「寝業師・根本」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。