ヤジが響く甲子園球場は、とにかく楽しい

12球団のホームグラウンドへ行ってみた<12>

球場訪問シリーズもいよいよ最終回。今回は阪神タイガースの本拠地・阪神甲子園球場である。1924年(大正13年)開場で、今年8月、満90歳を迎えた。同い年の神宮球場とは全く異なり、大規模な改装が奏功し設備の水準は思いのほか高い。

全国どこの球場でもビジター席を埋め尽くすタイガースファンの数は、全国に1000万人とも1500万人とも、或いは2000万人とも言われる。その総本山はヤジも秀逸。広島の次に楽しかった球場である。

24時間対応の球団直営電話窓口で手数料無料

阪神タイガースの公式戦主催試合の観客動員数推移(上記グラフの単位は百人)。昨年は277万1000人で12球団中2位だった

今回、筆者はこの球場に2度行っている。1度目は京セラドームからハシゴした8月3日(日)。この日はどしゃぶりで中止になったので、8月31日(日)に出直した。この日の対戦相手は我がヤクルトスワローズ。座席は3塁側ブリーズシートで座席料金は4800円。800円もの予算オーバーだが、ワンランク下はアルプス席。料金はいきなり2700円に下がってしまうので、ブリーズシートにした。

過去の観戦歴は2度。最初は2011年9月4日(日)、2度目は2013年7月27日(日)で、どちらも対戦相手はベイスターズ。外野レフト側に年間シートを持っている知人の招待を受けての観戦だった。

 
次ページチケットの買いやすさは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。