ドーム"伝統の一戦"を快適に過ごす裏ワザ

12球団のホームグラウンドへ行ってみた<8>

球場訪問シリーズ第8回は読売巨人軍の本拠地・東京ドーム。球界一の観客動員数を誇るジャイアンツの本拠地だけに、その混雑ぶりはラッシュアワーの埼京線新宿駅なみ。人が本能的に持つ闘争心を掻き立てる球場だ。

広すぎる、人が多すぎる

読売ジャイアンツの公式戦主催試合の観客動員数推移(上記グラフの単位は百人)。昨年は300万8000人で12球団中1位だった

今回の取材のため、筆者はこの球場に2回行っている。とにかく広すぎるうえに、人が多すぎて思うように動けず、なかなか女子トイレのカウントが終わらなかったのだ。

最初は7月16日(水)のヤクルト戦。座席は3塁側内野B指定(40通路29列350番)でチケット価格は3900円。1ランク上げるといきなり5300円にハネあがるので、迷わずこの席にした。日程の関係で急遽、ゲーム開催1週間前に確保したので、ほぼ完売状態に近く、当然通路側は無理。買った席は通路側から3番目である。

2回目は8月14日(木)の阪神戦。トイレチェックが主要目的だったので、1000円の立ち見席を購入した。購入したのはゲーム開催3日前。他の指定席は残っているはずもなく完売だったが、立ち見だけは残っていた。

なお、筆者がこの球場を訪れるのはおよそ20年ぶり。人混みが苦手なので、1度来て懲りてしまったのだ。今回も実は意を決しての訪問だった。

次ページ見やすく親切なチケット購入サイト
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。