最悪の京セラドーム、だけど神戸は悪くない

12球団のホームグラウンドへ行ってみた<11>

第11回は、オリックス・バファローズの本拠地・京セラドーム大阪。京セラドームだけでなく、年間16回主催試合が開催される、「ほっともっとフィールド神戸」でも観戦した。神戸は近鉄との統合前のオリックスが本拠地にしていた球場である。

夜間はつながりにくい球団直営チケットサイト

オリックス・バファローズの公式戦主催試合の観客動員数推移(上記グラフの単位は百人)。昨年は143万8000人で12球団中8位だった

観戦したのは8月3日(日)で対戦相手は千葉ロッテマリーンズ。確保した座席はビジターサイドの3塁側内野A指定(I列スタンド下段165番)、座席料金は3600円。

実はワンランク上のS指定席(4200円)とどちらにするかかなり迷った。京セラドームはS指定席、さらにワンランク上のビュー指定席(6200円)、ネット裏指定席(7500円)の座席に空調が付いている。そのうえ背もたれが高く、かなり座席居住性は高そうな席だったのだ。4200円という価格も予算からわずか200円オーバー。迷った末に、結局他球場の座席で選んだ席のことを考え、A指定にしたが、実はものすごく後悔している。前回訪問は2011年9月4日(日)。このときは外野レストラン席を購入、対戦相手は日本ハムファイターズだった。

神戸での観戦日は8月28日(木)で対戦相手はこの日も千葉ロッテ。座席は3塁側内野A指定(Eブロック1段5番)。料金は3200円でベンチ真上の最前列である。

 
次ページチケットの買いやすさは?
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。