最悪の京セラドーム、だけど神戸は悪くない

12球団のホームグラウンドへ行ってみた<11>

第11回は、オリックス・バファローズの本拠地・京セラドーム大阪。京セラドームだけでなく、年間16回主催試合が開催される、「ほっともっとフィールド神戸」でも観戦した。神戸は近鉄との統合前のオリックスが本拠地にしていた球場である。

夜間はつながりにくい球団直営チケットサイト

オリックス・バファローズの公式戦主催試合の観客動員数推移(上記グラフの単位は百人)。昨年は143万8000人で12球団中8位だった

観戦したのは8月3日(日)で対戦相手は千葉ロッテマリーンズ。確保した座席はビジターサイドの3塁側内野A指定(I列スタンド下段165番)、座席料金は3600円。

実はワンランク上のS指定席(4200円)とどちらにするかかなり迷った。京セラドームはS指定席、さらにワンランク上のビュー指定席(6200円)、ネット裏指定席(7500円)の座席に空調が付いている。そのうえ背もたれが高く、かなり座席居住性は高そうな席だったのだ。4200円という価格も予算からわずか200円オーバー。迷った末に、結局他球場の座席で選んだ席のことを考え、A指定にしたが、実はものすごく後悔している。前回訪問は2011年9月4日(日)。このときは外野レストラン席を購入、対戦相手は日本ハムファイターズだった。

神戸での観戦日は8月28日(木)で対戦相手はこの日も千葉ロッテ。座席は3塁側内野A指定(Eブロック1段5番)。料金は3200円でベンチ真上の最前列である。

次ページチケットの買いやすさは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT