2年連続Aクラス、広島カープ"強さ"の秘密

選手の獲得・育成に独自の哲学

スカウト統括部長の苑田聡彦氏は、ぶれない基準で選手を評価している(撮影:今井康一)

昨季16年ぶりのAクラス入りを果たした広島東洋カープが、今季もクライマックスシリーズ進出を確実にしている。この快進撃は、あるデータを知ると驚きが増すだろう。12球団のうち、カープは選手の年俸総額が最も少ないのだ。

39年連続黒字を達成

球界の最小規模で経営されているのは、球団のあり方に大きな関係がある。親会社が新聞社の巨人や中日、鉄道系の阪神や西武、IT 系のソフトバンク、楽天、DeNA、食品系のヤクルト、日本ハム、ロッテ、リース業のオリックスと各球団が大会社に支えられているのに対し、カープの筆頭株主は創業家の松田一族だ(保有率は42.7%)。自動車メーカーのマツダが30%以上の球団株を保有しているが、「持分法を適用しない非連結会社」という位置づけで赤字の補填や経営資金の援助は受けていない。松田家はカープ単体で経営しながら、2013年決算まで39年連続黒字を達成している。

2014年の年俸総額を見ると、最高の巨人が45億1200万円であるのに対し、最低の広島は20億6800万円(データは夕刊フジより。14年開幕時点)。単純に年俸=選手の価値だとすると、今季、広島は巨人の半分の戦力で戦ってきたことになる。それでもシーズン最後まで優勝争いを繰り広げてきたのは、人材獲得における戦略と指針がはまっているからだ。

各球団が選手を獲得する方法は、大きく5つある。フリーエージェント(FA)制度、ドラフト会議による新人選手の獲得、トレード、外国人選手の獲得、そして自由契約選手の雇用だ。

とりわけチーム成績に大きな影響を与えるのが、FA、ドラフト、外国人。ご存知の読者も多いだろうが、広島は基本的にFAで選手を獲得しない。年俸や契約金で多額のカネがかかるからだ。1993年にFA制度ができて以降、ひとりも獲得していないのは広島のみとなっている。

次ページ独自のドラフト戦略とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT