2年連続Aクラス、広島カープ"強さ"の秘密

選手の獲得・育成に独自の哲学

新人を獲得するまでの流れは、毎年1月、各スカウトが数百名の獲得候補を提出。キャンプ中にチームの戦力が分析され、オーナーや球団代表から弱点のあるポイントが各スカウトに伝えられる。そして3月頃、「予想通りにこの選手が伸びてないから、ドラフトではこのポジションを獲ろう」と絞られていくのだ。

昨年は3球団競合の大瀬良をドラフト1位で引き当てたが、過去を振り返ると、好選手を単独指名したケースも少なくない。2011年は新人王に輝いた野村祐輔、2009年は13年ワールド・ベースボール・クラシックで日本代表に選出された今村猛、2008年は岩本貴裕が入団し、田中将大(現ヤンキース)や坂本勇人(巨人)がプロ入りした2006年高校生ドラフトでは前田健太を獲得している。徹底的に自チームを分析し、そこに欠けているピースを埋めるという独自基準があるから、他チームが手をつけない好素材が浮かび上がるのだろう。

どのように伸ばしていくのか

新人を獲った後、チームには欠かせない使命がある。人材を伸ばしていくことだ。どういったポイントを見れば、プロ入り後に伸びる選手を見つけられるのだろうか。

苑田が説明する。「性格を見ますね。練習の態度で、やる気があるか、ないか。やる気がない人、人のせいにするヤツはダメです。ピッチャーがベースカバーに入らなかったとき、『お前が悪い』という野手はダメ。ひとつのボールを追いかけて、みんなでカバーするのが野球です。人の気持ちのわかるヤツがずっと伸びていく」。

広島の基準で見たとき、抜群の評価を受けたのが野村だった。普段の練習態度はもちろん、野村は卓越した頭脳を持っていた。明治大学4年時の秋季リーグで、慶応大学の伊藤隼太(現阪神)を封じ込めた投球術に苑田は感銘を受けた。

「野村は相手打者の長所と短所を自分の頭に入れています。内角が苦手の伊藤に対し、内側で攻めて、外で遊んでというピッチングでバラバラにしました。頭の良さ、コントロール、球のキレ、総合的な判断。野村は野球をするために生まれてきた男です」

2006年には田中将大に目をくれず、前田健太を獲得した。その理由も、高校生だった前田に伸びしろを見たからだ。

「身体はそんなに大きくなかったけど、すごく自分で考えて練習していました。身体にバネもあってね。球速は140kmちょっとしか出ていなかったけど、『これは絶対に良くなる』と担当スカウトとふたりでオーナーに話したら、『わかった』と言ってくれました」

次ページ活躍する外国人選手の共通点は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT