西武ドームが野球好きに愛されるワケ

12球団のホームグラウンドへ行ってみた<9>

球場訪問9回目は埼玉西武ライオンズの本拠地西武ドーム。35年前、西武グループ総帥・堤義明氏が「ドジャースタジアムのような球場を作りたい」と願い、当時としては常識破りの発想で誕生した球場だが、今もその魅力は色あせない。最大の魅力は、ゲーム終了後、観客なら誰でもグラウンドに入れる点だ。

24時間営業ではない球団チケットサイト

西武ライオンズの公式戦主催試合の観客動員数推移(上記グラフの単位は百人)。昨年は160万人で12球団中6位だった

今回の連載の取材のために観戦したのは7月25日(金)の千葉ロッテ戦と、9月15日(祝)の楽天戦。今シーズンは7月25日以前に既に3回観戦している。

筆者は2011年7月にこの球場で初めて観戦して以来、すっかり気に入って年間4~5回ぺースで観戦している。コンスタントにこの回数観戦するならファンクラブに入った方が断然お得なので、夫がファンクラブの会員になっている。

送られてくるタダ券には必ず使用期限がある。故にタダ券消化のためにますます観戦回数が増える。チケットはタダでも、安くない電車賃を西武鉄道に支払って球場に来て、来れば必ず飲み食いもする。この球場は西武鉄道の所有だが、ゲーム開催日やファン感謝デーなど、プロ野球興業に使用する日の飲食収入は球団のものになる。従って、球団側の営業戦略に見事にはまっていることになる。

また、普段は内野B指定(一般価格2600円、会員価格2100円)で観戦しているが、7月25日は4000円級の席、なおかつ普段は3塁側(西武のホームサイド)なので1塁側の内野A指定席(A37ゾーン2段3番)を選んだ。

筆者はタダ券でこの席を確保したが、一般価格だとこの席は3200円。1ランク上は4600円、しかもベンチサイドシートやフィールドシートといった特殊シートなのでこの席にした。

次ページ夏場は防虫対策が必須
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT