ほぼ全球場にある「ヘルメットアイス」の秘密

12球団のホームグラウンド<番外編>

これがヘルメットアイスの容器

これまで、広島、楽天、中日、ソフトバンクまでを取り上げてきたわけだが、今回は「番外編」として、球場で販売している「ヘルメットアイス」をとりあげたい。

今回の取材では、女子トイレの個室数を洋式、和式別に数えるというミッションを、自ら設定したわけだが、実はこのミッション、途中で若干修正をしている。取材は当初、7月11日札幌ドーム、次が7月15日旭川スタルヒン、16日東京ドーム、21日ハマスタ、22日神宮、25日西武ドーム、26日仙台、27日ナゴヤドームという順番で進めていた。

ナゴヤドームで収集を決意

今回の取材で最初に観戦した札幌ドームの時点では、個室数、それも洋式、和式別に数えないと意味がない、ということに気づいていなかったのだが、東京ドー ムでその必要性に気づいた。そこで東京ドーム以降では個室数を洋式、和式別に数えるようになったのだが、実はもうひとつ、ナゴヤドームでの観戦で、急遽 ミッションに加える決断をしたのが、「ヘルメットアイス容器の収集」である。

各球場では数年前から、ミニチュアのヘルメット型のプラスチック容器にソフトクリームやサンデーなど、アイス類を入れて売っている。

 
次ページヘルメットアイスとの運命的な出会い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。