ほぼ全球場にある「ヘルメットアイス」の秘密

12球団のホームグラウンド<番外編>

これがヘルメットアイスの容器

これまで、広島、楽天、中日、ソフトバンクまでを取り上げてきたわけだが、今回は「番外編」として、球場で販売している「ヘルメットアイス」をとりあげたい。

今回の取材では、女子トイレの個室数を洋式、和式別に数えるというミッションを、自ら設定したわけだが、実はこのミッション、途中で若干修正をしている。取材は当初、7月11日札幌ドーム、次が7月15日旭川スタルヒン、16日東京ドーム、21日ハマスタ、22日神宮、25日西武ドーム、26日仙台、27日ナゴヤドームという順番で進めていた。

ナゴヤドームで収集を決意

今回の取材で最初に観戦した札幌ドームの時点では、個室数、それも洋式、和式別に数えないと意味がない、ということに気づいていなかったのだが、東京ドー ムでその必要性に気づいた。そこで東京ドーム以降では個室数を洋式、和式別に数えるようになったのだが、実はもうひとつ、ナゴヤドームでの観戦で、急遽 ミッションに加える決断をしたのが、「ヘルメットアイス容器の収集」である。

各球場では数年前から、ミニチュアのヘルメット型のプラスチック容器にソフトクリームやサンデーなど、アイス類を入れて売っている。

次ページヘルメットアイスとの運命的な出会い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。