カネよりも「カープ愛」、40歳黒田投手の男気

年俸21億円を蹴って、古巣広島に4億で復帰

2007年にFAでメジャーに渡った黒田博樹投手が広島に復帰。「カープ愛」を誓った男が戻り、2015年の広島は24年ぶりの優勝も(写真:スポーツニッポン)

官公庁をはじめ多くの企業が年末年始の休暇に入った12月27日、プロ野球界にホットなニュースが飛び込んできた。広島が、ヤンキースからフリーエージェント(FA)となった黒田博樹投手の獲得を発表したのである。

5年連続「メジャー2ケタ」、従来と違う復帰パターン

メジャーで活躍した選手が日本球界に復帰すること自体は珍しくない。でも、でも、である。これまで復帰した選手はいずれも力及ばずだったり、故障したり、あるいは選手として峠を過ぎていてメジャーで契約が取れなくなって戻ってくるパターンだった。

投手でいえば、復帰前のメジャー最終年で一番勝ったのが吉井理人(2002年エクスポズ=現ソフトバンク投手コーチ)の4勝。伊良部秀輝(同年レンジャーズ)、石井一久(2005年メッツ)は3勝だった。

それに対して今季の黒田は11勝9敗。日本人メジャーリーガー初となる5年連続2ケタ勝利を挙げた。メジャー7年間の通算成績が79勝79敗、防御率3.45、2015年の2月に40歳を迎えるとはいえ、メジャーで激しい争奪戦が繰り広げられていた。

3年間在籍したヤンキースが再契約を強く望んだのをはじめ、2008年から4年間プレーしたドジャース、パドレスなどが獲得に乗り出していた。中でもパドレスは今季ヤンキースでの年俸1600万ドル(約19億2000万円)を上回る1800万ドル(約21億6000万円)を提示したと言われる。

次ページなぜ黒田はメジャーの5分の1の条件で広島に?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。