カネよりも「カープ愛」、40歳黒田投手の男気

年俸21億円を蹴って、古巣広島に4億で復帰

2007年にFAでメジャーに渡った黒田博樹投手が広島に復帰。「カープ愛」を誓った男が戻り、2015年の広島は24年ぶりの優勝も(写真:スポーツニッポン)

官公庁をはじめ多くの企業が年末年始の休暇に入った12月27日、プロ野球界にホットなニュースが飛び込んできた。広島が、ヤンキースからフリーエージェント(FA)となった黒田博樹投手の獲得を発表したのである。

5年連続「メジャー2ケタ」、従来と違う復帰パターン

メジャーで活躍した選手が日本球界に復帰すること自体は珍しくない。でも、でも、である。これまで復帰した選手はいずれも力及ばずだったり、故障したり、あるいは選手として峠を過ぎていてメジャーで契約が取れなくなって戻ってくるパターンだった。

投手でいえば、復帰前のメジャー最終年で一番勝ったのが吉井理人(2002年エクスポズ=現ソフトバンク投手コーチ)の4勝。伊良部秀輝(同年レンジャーズ)、石井一久(2005年メッツ)は3勝だった。

それに対して今季の黒田は11勝9敗。日本人メジャーリーガー初となる5年連続2ケタ勝利を挙げた。メジャー7年間の通算成績が79勝79敗、防御率3.45、2015年の2月に40歳を迎えるとはいえ、メジャーで激しい争奪戦が繰り広げられていた。

3年間在籍したヤンキースが再契約を強く望んだのをはじめ、2008年から4年間プレーしたドジャース、パドレスなどが獲得に乗り出していた。中でもパドレスは今季ヤンキースでの年俸1600万ドル(約19億2000万円)を上回る1800万ドル(約21億6000万円)を提示したと言われる。

次ページなぜ黒田はメジャーの5分の1の条件で広島に?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT