カネよりも「カープ愛」、40歳黒田投手の男気

年俸21億円を蹴って、古巣広島に4億で復帰

メジャー移籍が注目された前田健太も今オフはポスティング・システム(入札制度)に利用を封印して残留決定。24年ぶりの優勝に向け、「恩返し」のタイミングはまさに「今でしょ」、だったのである。

凱旋エース合流、2015年は広島がセ・リーグの主役

前田健太と両輪となる戦力としてはもちろん、緒方孝市新監督が「選手たちのモチベーションも上がり、チームにとっていい相乗効果が生まれると思う」と話しているように、起爆剤としての存在感、ファンに与える期待感は計り知れない。フロントとしては黒田が以前つけていた背番号15を誰にも与えず、空けて待っていた甲斐があった。

ライバルとなる巨人はFAで金城龍彦(前DeNA)と相川亮二(前ヤクルト)を獲
得したが、いずれもレギュラーではない。先発を期待するマイルズ・マイコラス、アーロン・ポレダ(ともに前レンジャーズ)の新外国人2投手も未知数だ。

阪神は金子千尋(オリックスに残留)、成瀬善久(現ヤクルト)、中島裕之(現オリックス)のFA争奪戦にことごとく敗れ、メジャー移籍を目指してFA宣言した鳥谷敬の去就もまだ決まっていない。

風は明らかに西へ向かって吹いている。「カープ女子」に代表されるフレッシュなイメージに、メジャーの巨額オファーを蹴って古巣へ恩返しという「男気」が加わる来季の広島。日米通算200勝まであと18勝に迫る凱旋エースを中心に、セ・リーグの主役に躍り出る予感がする。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT