カープ黒田投手がこだわる「もう一つの契約」 断ったのはヤンキースだけではなかった

拡大
縮小

専修大学からプロ入りした黒田だが、もしドラフト指名がなければノンプロである日本生命への入社が内定していた。アドバイザリー契約を結んでいるSSK社と出会うきっかけだが、ドラフト前に日本生命のグラウンドを訪れた際、同社から声を掛けられた。これが、「ご縁」の始まりだった。

さて、その黒田が左手にはめるグラブにも〝隠し味〟があった。

メーカーを含め、すべての人々へ捧げる「2文字」

プロ野球選手には、その親指の位置にあたる表面に四字熟語など座右の銘を刺繍しているケースが多い。目立つことを嫌う黒田は、グラブに突っ込む左手の平らな部分に、その2文字を記している。

『感謝』―。

刺繍をした場合は汗で糸がほつれてしまうから、縫製する段階で職人がそこに刻印を押している。仮にそのグラブが使用できなくなっても、感謝の文字だけは残るようにと…。

黒田本人から注文を受けたSSK関係者は「ファンに感謝、家族に感謝、そして、大好きな野球ができることに感謝、そういう意味が込めているようです」と代弁する。

黒田は古巣カムバックを選択した理由について「最後はそこでマウンドに上がれば納得できると思った。日本で投げずに野球人生が終わったときに、何か引っ掛かるものがあるんじゃないかと考えました」と語った。

「ぼくに残された球数はそんなに残っていない。それを考えれば、今日が最後でも、っていう気持ちがあれば、もっと強く腕が振れたり、あと1球を投げれたりするんじゃないかと。この1球で終わってもいいというマインドを大切にしたいんです」

40歳の美学。再び日本の舞台に上がった不惑の男が、スポットライトを浴び続ける。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT