カープ黒田投手がこだわる「もう一つの契約」 断ったのはヤンキースだけではなかった

拡大
縮小

日本国内の野球スポーツ用品を扱うメーカーは、ミズノ、アシックス、ゼット、SSKが大手4社といわれる。

SSK社は、野球にさほど興味がない読者ならなじみがないという人もいるかもしれない。だが、その技術力では定評のある老舗だ。日本はもとより、大リーグのスーパースター、ロビンソン・カノ内野手(マリナーズ)がバットを使用することでも知られている。しかし、最近はアディダス、ナイキ、アンダーアーマーなどの外資ブランドがジワジワと日本の市場を「侵食」している状況だ。

ヤンキース時代も伝説だった、黒田の義理堅さ

あるスポーツメーカー関係者は、国内外でしのぎを削る市場の現状をこう打ち明ける。

「日本のメーカーは少年野球をしている頃からコミュニケーションを密にとって、プロに入って活躍することを期待しながら接している。だが海外資本のメーカーはプロ入りして1軍でレギュラーになって、メディアに取り上げられるようになって初めて投資をする。選手も世界的に知名度が高いメーカーだから、気持ちがなびくケースが多い」

黒田も多数の〝甘い蜜〟に誘われたに違いない。

別の関係者は「海外ブランドがヤンキースの主力と契約を結べば1億円は下らない。日本のメーカーの場合はその10分の1にも満たないはずだ」と説明する。

それでも黒田は「メイド・イン・ジャパン」に固執し、鞍替えすることはなかった。この義理堅さはヤンキースのクラブハウスで「ヤンキースの七不思議の一つ」とささやかれているほどだ。

次ページ自分を支えてくれるすべての人々に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT