人間性は無関係?「出世する人」ランキング

外資系でも日系でも、こんな人が勝ち上がる

こんにちは!ずんずんです。GWははるかかなたに去り、五月病も真っ盛りな頃合い、皆様いかがお過ごしでしょうか。

長いお休みの後って、どうしても休みたくなってしまいますよね。しかし、社会人たるもの、そんなにポイポイと簡単に休むことはできません。
たまっていく有給のことを考えて、

「休みたい 休めないのは 上司のせい」

上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

思わず一句読んでしまいそうになります。有給は権利のはずなのに、なぜか感じる上司からの謎のプレッシャー。こんな上司ははたして、できる上司と言えるのでしょうか?

今回は「外資系OLは見た! 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣」出版記念第2弾としまして、

外資系「上に行く」、できる上司ランキング

をお届けしたいと思います☆ これを読めば、もう出世街道爆走は間違いなし!かどうかは、いつもどおりわかりませんが。

それではいってみましょー!

上司だって「人間だもの」

第5位:感情がブレぬ上司

上司だって人間だもの。機嫌が悪いときだっていくらでもあります。でも部下としては、上司の機嫌が悪いと大変ですよね。

話を切り出すのはつねにタイミングをうかがわねばならず、仕事が思うように進まないときには、場合によっては怒鳴られるかもしれない……。

毎日のように上司の機嫌が悪いと、部下としてはたまったものではありません。上司も上司で、いつも部下をストレス発散のはけ口としているのならば、いつか、部下から背中を刺されるでしょう。

ある日突然、刺されないためにも、ここはひとつ外資系のできる上司を参考にしたいものです。

次ページなにそれ、自衛隊!?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT