部下をつぶす?外資系「鬼上司」ランキング

こんな上司がいたら「スルースキル」を磨け!

こんにちは! ずんずんです。

ゴールデンウィークもとっくのとうに終わり、皆さまどうお過ごしでしょうか?

突然ですが、5月17日にこちらの連載を大幅修正、大幅加筆して

「外資系OLは見た! 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣」

というタイトルで出版させていただくことになりました!

上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

わー! ぱちぱち!

書下ろしどどん!と100ページぐらい!

買えば出世間違いなし!

今まで彼氏がいなかった私に彼氏が!?

突然宝くじが300万円当たっちゃって、公団まで当たっちゃう!?

……という事が起こるかはわかりませんが、出版にこぎつけたのもこれもひとえに、東洋経済オンライン様とイケてる読者様のおかげです。

今後ともご愛顧のほど、どうのこうのでよろしくお願いいたします☆

さあ! 今すぐAmazonのリンクをクリック!!

はしゃぎすぎました。すいません。

実力主義の外資系「あるある」ランキング

さてはて、今回から出版記念といたしまして、なんと3週間連続で、

「外資系OLは見た!外資系あるあるランキング」

を掲載させていただくことになりました。

外資系、日系企業に限らずあなたのオフィスでもあるかもしれない……そんなあるあるランキング、栄えある第1回目は、

「外資系クソ上司ランキング」です。

実力主義の外資系企業にはどんなクソ上司がいるのか、そしてその対策法について考えてみたいと思います☆彡

 

 ■5位 丸投げ系上司

この上司は、突如業務を部下に丸投げするクソ上司です。業務内容の説明などありません。口を開けば「俺も忙しいんで、やっといて」。

何が忙しいの!? こっちもいっぱいいっぱいよ!!!

私もオフィスで深夜23時頃、帰宅したはずの上司からぴゅっとメールが来て、なんの説明もなく「これを明日の10時までよろしく」と来た日には、血圧が上がりすぎて死ぬかと思いました。

でも生きてる! よかった!

この手の上司には、できない理由を説明するよりも、「こうしたらできる」と目標達成に必要なリソース(時間、人員等)を説明する方がいいでしょう。

そういったリソースを調達するのが、上司の仕事なのだと、

反抗的態度をもって部下が教えてあげましょう。

次ページ一生懸命やればできる!?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。