部下をつぶす?外資系「鬼上司」ランキング

こんな上司がいたら「スルースキル」を磨け!

こんにちは! ずんずんです。

ゴールデンウィークもとっくのとうに終わり、皆さまどうお過ごしでしょうか?

突然ですが、5月17日にこちらの連載を大幅修正、大幅加筆して

「外資系OLは見た! 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣」

というタイトルで出版させていただくことになりました!

上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

わー! ぱちぱち!

書下ろしどどん!と100ページぐらい!

買えば出世間違いなし!

今まで彼氏がいなかった私に彼氏が!?

突然宝くじが300万円当たっちゃって、公団まで当たっちゃう!?

……という事が起こるかはわかりませんが、出版にこぎつけたのもこれもひとえに、東洋経済オンライン様とイケてる読者様のおかげです。

今後ともご愛顧のほど、どうのこうのでよろしくお願いいたします☆

さあ! 今すぐAmazonのリンクをクリック!!

はしゃぎすぎました。すいません。

実力主義の外資系「あるある」ランキング

さてはて、今回から出版記念といたしまして、なんと3週間連続で、

「外資系OLは見た!外資系あるあるランキング」

を掲載させていただくことになりました。

外資系、日系企業に限らずあなたのオフィスでもあるかもしれない……そんなあるあるランキング、栄えある第1回目は、

「外資系クソ上司ランキング」です。

実力主義の外資系企業にはどんなクソ上司がいるのか、そしてその対策法について考えてみたいと思います☆彡

 

 ■5位 丸投げ系上司

この上司は、突如業務を部下に丸投げするクソ上司です。業務内容の説明などありません。口を開けば「俺も忙しいんで、やっといて」。

何が忙しいの!? こっちもいっぱいいっぱいよ!!!

私もオフィスで深夜23時頃、帰宅したはずの上司からぴゅっとメールが来て、なんの説明もなく「これを明日の10時までよろしく」と来た日には、血圧が上がりすぎて死ぬかと思いました。

でも生きてる! よかった!

この手の上司には、できない理由を説明するよりも、「こうしたらできる」と目標達成に必要なリソース(時間、人員等)を説明する方がいいでしょう。

そういったリソースを調達するのが、上司の仕事なのだと、

反抗的態度をもって部下が教えてあげましょう。

次ページ一生懸命やればできる!?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。