上司の給料に「責任代」は含まれているか?

外資系に見る、デキる上司・デキない上司

こんにちは!ずんずんです。

4月に入り、フレッシュな新入社員が、街を賑わせている頃合いでしょうか。

私も「モテたい」などと言っていたら、新人の子に、

「その年でモテたいとか、どういう意味ですか?」

などと言われ、いま彼女に人生の厳しさを教えてあげている最中です。

さてはて、新入社員にかかわらず、仕事のデキない部下や後輩って困りますよね。

外道上司と、ナイスな上司

ですが、部下だって上司のデキなさっぷりにつねづね頭を抱えています。特に外資系企業は成果主義、達成のためにぎりぎりアウトなモラハラを行う

外道上司

だって存在します。

プロジェクトマネージャーが笑いながら、

「いやぁ、僕が担当した案件で2人ぐらい鬱になって、会社やめちゃったんだよね」

と言っているのを聞いたことがあり、その時私は

え……? MAJIで地獄に落ちた方がいいんじゃない?

と思ったものです。

ですが、もちろんこんな上司ばかりではありません。

外資系で好かれる上司は「ナイス」な上司です。

立ち振る舞い、ルックス、性格……それがナイスであれば、あるほど好かれるわけですが、しかし、それだけでは部下はなつきません。

今日は部下がなつく外資系の「デキる上司」、はたまた部下が逃げてく「デキない上司」についてお話したいと思います☆

次ページクソ上司ゴールデンサイクル?!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。